TOP > 技術シーズ検索 > 循環器病マーカーとしてのインターロイキン13

循環器病マーカーとしてのインターロイキン13

シーズコード S100003046
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 野出 孝一
  • 出原 賢治
  • 平瀬 徹明
  • 西村 ゆき
技術名称 循環器病マーカーとしてのインターロイキン13
技術概要 慢性心不全等の循環器病の患者において、血中インターロイキン13(IL-13)値が上昇している。及び、血中IL-13値と循環器病の重症度とが相関する。さらに、IL-13が血管内皮細胞において細胞障害シグナルを活性化する。及び、IL-13受容体阻害がIL-13による血管内皮細胞障害を抑制する。IL-13が循環器疾患診断及び予後・治療効果判定のためのマーカーとして有用である。IL-13を含むアレルギー性サイトカインの作用を阻害することが心不全等の循環器疾患の新規治療法に繋がる。アレルギー性サイトカインの受容体に対する抗体、及び/又はアレルギー性サイトカインに対する抗体を用いる。さらに、IL-13が血管内皮細胞において細胞内シグナルを活性化し、内皮細胞生存と運動を阻害する。これらIL-13の血管内皮細胞障害作用が、抗IL-13受容体αサブユニット中和抗体、あるいは抗IL-13抗体を用いたIL-13シグナル遮断により阻害される。IL-13を含むアレルギー性サイトカインの作用を阻害することは、心不全を含む循環器病の新規治療法に繋がる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-044644.gif
研究分野
  • 循環系の診断
  • 循環系疾患の治療一般
  • 製剤一般
展開可能なシーズ 循環器病に関する有用な循環器疾患診断マーカーを見出す。循環器病の治療用組成物又は診断用組成物、及び診断用キットを提供する。
インターロイキン13(IL-13)は循環器病のマーカーとして利用することができ、IL-13は心不全等の循環器病の治療又は診断に極めて有用なマーカーである。
用途利用分野 虚血性心疾患、心不全、循環器疾患、炎症性サイトカイン
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人佐賀大学, . 野出 孝一, 出原 賢治, 平瀬 徹明, 西村 ゆき, . 循環器病マーカーとしてのインターロイキン13. 特開2006-226971. 2006-08-31
  • G01N  33/53     
  • G01N  33/68     

PAGE TOP