TOP > 技術シーズ検索 > ベクターマダニのガレクチン、それをコードする核酸分子及びそれらの利用

ベクターマダニのガレクチン、それをコードする核酸分子及びそれらの利用

シーズコード S100003053
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 辻 尚利
  • 黄 暁紅
  • 三好 猛晴
  • 藤崎 幸蔵
技術名称 ベクターマダニのガレクチン、それをコードする核酸分子及びそれらの利用
技術概要 フタトゲチマダニ中腸上皮への原虫接着分子としてガレクチンが関与していることを見出す。マダニ媒介性病原体におけるマダニ媒介性病原体のベクターマダニのガレクチンをコードする遺伝子(配列番号1)、感染防御抗原タンパク質及び感染防御抗原タンパク質コード領域をタンパク質発現ベクターに挿入し、精製した組換えベクターマダニのガレクチンを作製する。配列番号2のアミノ酸配列からなるガレクチン活性を有するポリペプチド又はこのアミノ酸配列において、1又は数個のアミノ酸が欠失、置換、及び/又は付加されたアミノ酸配列を含み、しかも、ガレクチン活性を示すポリペプチ又は配列番号2のアミノ酸配列との相同性が90%以上であるアミノ酸配列を含み、しかも、ガレクチン活性を有するポリペプチド、及びそれをコードする配列番号1の129番~1097番の塩基からなる配列等のポリヌクレオチドである。このポリペプチド若しくはその断片、ポリヌクレオチド、マダニ駆除の必要な対象に、有効量で投与してマダニを駆除する、又はマダニ媒介性感染症を治療又は予防する。
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 動物の伝染病一般
展開可能なシーズ ベクターマダニのガレクチン、感染防御抗原タンパク質をコードするポリヌクレオチド、ポリヌクレオチドを含むベクター、組換え体細胞、ベクターマダニのガレクチンに対する抗体、並びにマダニ媒介性病原体の感染及び増殖を防ぐ化合物を提供する。
このポリペプチド、ポリヌクレオチド、組換え体分子、ベクター、形質転換体、及び抗体によれば、マダニワクチンを提供することができる。また、マダニ駆除、又はマダニ媒介性感染症の治療若しくは予防が可能である。ポリペプチドを用いる事により、ポリペプチドのガレクチン活性を修飾する物質をスクリーニングできる。
用途利用分野 マダニ媒介性感染症予防・治療剤、マダニワクチン
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, 国立大学法人帯広畜産大学, . 辻 尚利, 黄 暁紅, 三好 猛晴, 藤崎 幸蔵, . ベクターマダニのガレクチン、それをコードする核酸分子及びそれらの利用. 特開2007-037464. 2007-02-15
  • C12N  15/09     
  • C07K  14/435    
  • C07K  16/18     
  • C12N   1/15     
  • C12N   1/19     
  • C12N   1/21     
  • C12N   5/10     
  • C12P  21/02     
  • G01N  33/15     
  • G01N  33/50     
  • C12P  21/08     

PAGE TOP