TOP > 技術シーズ検索 > ミクロ孔を有するメソポーラスシリカナノ粒子及びその製造方法

ミクロ孔を有するメソポーラスシリカナノ粒子及びその製造方法

シーズコード S100003083
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 木島 剛
  • 森 寛
技術名称 ミクロ孔を有するメソポーラスシリカナノ粒子及びその製造方法
技術概要 ポリオキシエチレンアルキルエーテル類、ポリオキシエチレン脂肪酸エステル類、ポリオキシエチレンソルビタンエステル、ポリオキシエチレンアルキルフェニールエーテルよりなる群から選択された二種類の非イオン界面活性剤または非イオン界面活性剤一種とイオン性界面活性剤一種の合わせて二種類の界面活性剤、および水からなる混合物、またはこれに硝酸等の酸とドデシルアルコール等のアルコール類もしくはそのいずれか一方を加えた混合物を調製する。これにオルトケイ酸テトラエチル、オルトケイ酸テトラメチルなどの有機もしくは無機ケイ素化合物よりなる群から選択された一種類のケイ素化合物を加え、加水分解して得られるペースト状の液晶(LC)相を静置し、生成したゲルを分離して、焼成し、鋳型の界面活性剤を除去する。直径0.2~0.5nmのミクロ孔をもつシリカによってその骨格が構成され、かつ直径4~5nmのメソ孔がヘキサゴナル状に配列した多孔質構造と直径40~80nmの球状形態を有するシリカナノ粒子の製造方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-253108.gif
研究分野
  • 反応操作(単位反応)
  • 固体の製造・処理一般
  • 吸着剤
展開可能なシーズ シリカを骨格とし、ミクロ孔とメソ孔を併せ持つ多孔質構造と直径数十nmのナノレベルのサイズを有し、球状形態を呈した微細メソポーラスシリカナノ粒子を提供する。
メソポーラス細孔構造と特有な微細サイズを有してなるメソポーラスシリカは、形状選択性をもつ反応場であるミクロ孔と、反応物および生成物の拡散路となるメソ孔とが、粒径が小さいために効率的・相乗的に作用して、顕著な触媒効果が期待できる。クロマトグラフィー充填剤、モレキュラーシーブ、選択的吸着剤、選択的物質分離材の利用が期待できる。
用途利用分野 分子篩用吸着剤、クロマトグラフィー用充填材、触媒担体
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人宮崎大学, . 木島 剛, 森 寛, . ミクロ孔を有するメソポーラスシリカナノ粒子及びその製造方法. 特開2006-069824. 2006-03-16
  • C01B  37/02     
  • B01J  20/20     
  • B01J  20/28     

PAGE TOP