TOP > 技術シーズ検索 > 非細菌性の炎症性疾患の予防又は治療剤

非細菌性の炎症性疾患の予防又は治療剤

シーズコード S100003087
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 北村 和雄
  • 稲津 東彦
  • 加藤 丈司
  • 石川 直人
  • 山家 純一
  • 江藤 胤尚
  • 芦塚 伸也
技術名称 非細菌性の炎症性疾患の予防又は治療剤
技術概要 アドレノメデュリン、その修飾体であって非細菌性の炎症を抑制する活性を有するもの、又はそれらの塩であって非細菌性の炎症を抑制する活性を有するものを有効成分として含有する非細菌性の炎症性疾患の予防又は治療剤である。疾患は非細菌性の炎症性腸疾患である。アドレノメデュリン又はその修飾体は配列番号1、3,5,7,9、11のアミノ酸配列からなるペプチド、又はこれらのアミノ酸配列からなり16位のCysと21位のCysとがジスルフィド結合したペプチドである。また、これらのペプチドにおいて1~15個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加された、非細菌性の炎症を抑制する活性を有するペプチドも含む。これらのペプチドでC末端がアミド化されているものや、C末端にGlyが付加しているものも含む。アドレノメデュリンの投与量は、ヒトに対する経静脈投与又は経注腸投与の場合0.01~10mg/60Kg/日である。図は治療剤投与5日後の潰瘍面積を示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-111889.gif
研究分野
  • 製剤一般
  • 消炎薬の基礎研究
展開可能なシーズ 非細菌性の炎症性疾患、特に非細菌性の炎症性腸疾患の予防又は治療剤を提供する。
非細菌性の炎症性疾患、特に非細菌性の炎症性腸疾患の予防又は治療剤として有用な薬剤が提供される。非細菌性の潰瘍性大腸炎に特に有用であり、具体的には潰瘍面積の縮小、浮腫や炎症細胞浸潤の改善に有効である。
用途利用分野 炎症性腸疾患予防・治療剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人宮崎大学, . 北村 和雄, 稲津 東彦, 加藤 丈司, 石川 直人, 山家 純一, 江藤 胤尚, 芦塚 伸也, . 非細菌性の炎症性疾患の予防又は治療剤. 特開2006-290777. 2006-10-26
  • A61K  38/00     
  • A61P   1/00     
  • A61P  29/00     

PAGE TOP