TOP > 技術シーズ検索 > 風速測定システム、風速測定方法及びプログラム

風速測定システム、風速測定方法及びプログラム

シーズコード S100003159
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 西尾 正則
  • 平田 雅子
技術名称 風速測定システム、風速測定方法及びプログラム
技術概要 静止型人工衛星101からの電波を受信機1~3で受信する。データ解析装置53が、受信した3組の電波の位相差から観測地の上空毎の時間構造関数を求め、この時間構造関数からコルモゴロフの大気理論に基づいて、上空毎の特性時間間隔を求める。特性時間間隔から上空毎の空間構造(水蒸気の塊)の速度を求める。受信手段は、互いに10km以上離間して設置されている。アンテナ11は、静止型人工衛星101からのビーコン信号(電波)を受信する。前置増幅器12は、受信した電波を増幅する。周波数変換増幅器13は、受信した電波を記録装置16で処理可能な周波数帯及び信号強度に変換する。高安定基準信号源15は、受信機1~3が位相同期して動作するための基準信号を発生する。高安定基準信号源15としては、例えば数1000秒までの時間間隔において周波数の安定度が高い水素メーザ発振器が用いられる。位相同期発振器14は、基準信号に位相同期した周波数変換増幅器13の局部発振信号を発生する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-075696.gif
研究分野
  • 中層大気・超高層大気一般
  • 流体の実験・試験・測定方法及び装置
展開可能なシーズ 容易且つ頻繁に風速の測定を行うことができ、気象予測等に好適な風速測定システム、風速測定方法及びプログラムを提供する。
3箇所の観測地間の位相差から空間構造の速度を求めており、この空間構造は例えば水蒸気の塊に相当する。このため、空間構造の速度を風速とみなすことができ、容易に風速のデータを得ることができる。
用途利用分野 レーウインゾンデ測定、ラジオゾンデ測定、レーザ照射反射光測定、ライダー測定
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人鹿児島大学, . 西尾 正則, 平田 雅子, . 風速測定システム及び風速測定方法. 特開2006-258568. 2006-09-28
  • G01P   5/00     

PAGE TOP