TOP > 技術シーズ検索 > スギ花粉症予防乃至治療用物質スクリーニング用標的物質及びその製法

スギ花粉症予防乃至治療用物質スクリーニング用標的物質及びその製法

シーズコード S100003162
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 内木場 哲也
  • 米澤 弘夫
  • 有馬 一成
技術名称 スギ花粉症予防乃至治療用物質スクリーニング用標的物質及びその製法
技術概要 スギ花粉を食塩を溶解している水溶液中に浸漬して得られた、スギ花粉から水溶液中に30秒~3分以内に溶出したプロテアーゼを含有しているプロテアーゼ含有水溶液から精製された物質である。分子量を約67,000とし且つN末端配列をAla-Glu-Thr-Ala-Ala-Phe-Gly-Tyr-Thr-Val-Lys-Pro-とし、Suc-Ala-Ala-Pro-Phe-MCA蛍光基質を、それを溶質とするpH7.4~pH8.0の蛍光基質水溶液中で、ジイソプロピルフルオロフォスフェートが2mmol/Lの濃度以上で存在していれば加水分解しないが、モノヨード酢酸及びペプスタチンA中のいずれが存在していても加水分解する。また、pH7.4~pH8.0のニューロテンシン水溶液中で、ニューロテンシンのIle12-Leu13間について加水分解し、pH7.4~pH8.0のβ-エンドルフィン水溶液中で、β-エンドルフィンのThr6-Ser7間について加水分解する。このプロテアーゼを含有している剤をスギ花粉症予防乃至治療用物質スクリーニング用標的物質に用いる。
研究分野
  • 医用素材
  • 加溶媒分解
展開可能なシーズ スギ花粉症を予防乃至治療するための物質をスクリーニングするために有用な、スギ花粉症予防乃至治療用スクリーニング用標的物質、及びその製法を提供する。
このスギ花粉症予防乃至治療用スクリーニング用標的物質は、そのプロテアーゼの特性を利用して、スギ花粉症を予防乃至治療するのに適切な物質を効果的にスクリーニングすることができる。また、スギ花粉症予防乃至治療用スクリーニング用標的物質は、プロテアーゼ含有水溶液から精製することにより容易に製造することができる。
用途利用分野 スギ花粉症予防・治療剤スクリーニング
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 株式会社 鹿児島TLO, . 内木場 哲也, 米澤 弘夫, 有馬 一成, . スギ花粉症予防乃至治療用物質スクリーニング用標的物質及びその製法. 特開2005-312448. 2005-11-10
  • C12N   9/50     
  • G01N  33/15     

PAGE TOP