TOP > 技術シーズ検索 > 高エネルギー線源方向判別環状システム

高エネルギー線源方向判別環状システム

シーズコード S100003181
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 青木 徹
  • 畑中 義式
技術名称 高エネルギー線源方向判別環状システム
技術概要 一次元センサーをリング状または多角形状にすることにより、その出力分布から放射線の飛来方向を特定しようとするものである。高エネルギーの放射線は入射側のセンサーを貫通し、出射側のセンサーからも信号出力が得られる。一入射側と出射側の直線を結ぶ方向として線源方向を特定出来るので高い精度が得られる。一次元センサーをリング状にすることから、一次元センサーの回路構成をそのまま使用できるこ。生産方法も同じ方法が採れることにより、生産コストが安価に出来る。複数の単位センサーをリング状または多角形状に配置して構成される一次元センサーの出力信号分布に基づいて、一次元センサーの外側から到来する高エネルギー線の方向を推定する。一次元センサーの出力信号の強度分布は、一次元センサーを構成する各単位センサーと前記高エネルギー線とのなす角によって決まる実効面積による。一次元センサーの出力信号の強度分布を取得し、取得された強度分布に基づいて高エネルギー線の方向を推定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-028866.gif
研究分野
  • 放射線検出・検出器
  • 光デバイス一般
展開可能なシーズ 高エネルギーの放射線が入射側のセンサーを貫通し、出射側のセンサーからも信号出力が得られ、一入射側と出射側の直線を結ぶ方向として線源方向を特定できることで、高い精度を得る。
多数飛来する放射線を積分強度分布として計測し、かつ、適当な時間間隔で、任意にその時間内で入射した放射線量と飛来方向を求められるので、計算方法も簡単であり、また、回路構成も極めて簡単化できる。特に核利用施設のモニタリング、核廃棄物のモニタリングにおいて、その線源方向の特定において極めて、有効に機能するものとなる。
用途利用分野 電離チャンバー、放射線飛来モニター
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人静岡大学, . 青木 徹, 畑中 義式, . 高エネルギー線源方向判別環状システム. 特開2006-214908. 2006-08-17
  • G01T   1/29     
  • G01T   1/16     
  • G01T   1/24     
  • G01T   7/00     

PAGE TOP