TOP > 技術シーズ検索 > 書道用学習教材と書道用下敷と書道用半紙

書道用学習教材と書道用下敷と書道用半紙

シーズコード S100003187
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 岡村 吉永
技術名称 書道用学習教材と書道用下敷と書道用半紙
技術概要 書道用学習教材に、文字手本の筆圧の強弱を大小で表す図形と、文字手本の筆の重心位置を表す点とを、筆の移動経路に沿って一定間隔で表示する。即ち、筆圧円1と中心点2で「ビル」という文字を配置枠3内に描いてなる。配置枠3は手本文字の各文字、例えば「ビ」、「ル」に一枠ずつ設けられ、大きさの異なる四角枠と十字状の中心線で用紙上での各文字の配置位置を示している。下方には筆圧表示例4を付記して筆圧円1の筆圧の量的な把握を可能としている。このため、手本文字のバランスの取り方や用紙上での配置位置、手本文字同士の用紙上での配置関係を学習者が効率よく習得できる。また、この配置枠3に加えて筆圧の強さを丸の大きさの大小で表現した筆圧円1を0.1秒間隔で表示することで、手本文字の筆圧の強弱を理解しやすくして文字を描く際の力の入れ具合をイメージしやすくし、力強い文字を描く技能を習得できる。さらに、これらの配置枠3及び筆圧円1に加えて、文字の骨格を表しつつ筆圧円よりも小径の点の密度によって運筆速度の遅速を表した中心点2を加えることで、文字のかすれ具合や風合い、スピード感を習得できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-337349.gif
展開可能なシーズ 有能な指導者なしに書道技能における毛筆文字の形や文字全体のバランス、細かい筆の運び、力の入れ具合の理解及び習得に加えて、運筆速度の遅速を理解及び習得を半紙上で行うことができる書道用学習教材、書道用下敷及び書道用半紙を提供する。
筆圧の強弱、筆の重心位置及び運筆速度の遅速を理解することができ、文字の形状と筆圧、運筆速度を総合的に勘案しながら形状の美しい文字を効率よく習得することができる。また、正しい筆順と正確な文字を習得することができ、一つの文字のバランスや複数の文字同士の配置関係を効率よく理解することができる。
用途利用分野 学習教材、下敷、半紙
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (有)山口ティー・エル・オー, . 岡村 吉永, . 書道用学習教材と書道用下敷と書道用半紙. 特開2004-170736. 2004-06-17
  • G09B  11/04     
  • B43L   3/00     
  • G09B  11/06     
  • G09B  11/00     
  • G09B  19/24     
  • G06K   9/46     

PAGE TOP