TOP > 技術シーズ検索 > 冷温水用腐食抑制性流れ促進剤および冷温水熱媒における腐食抑制流れ促進方法

冷温水用腐食抑制性流れ促進剤および冷温水熱媒における腐食抑制流れ促進方法

シーズコード S100003190
掲載日 2010年11月5日
研究者
  • 佐伯 隆
技術名称 冷温水用腐食抑制性流れ促進剤および冷温水熱媒における腐食抑制流れ促進方法
技術概要 カチオン系界面活性剤とメタまたはパラハロゲン化安息香酸のうち少なくとも一方である対イオン剤の安息香酸とよりなる流体用流れ促進剤である。冷温水熱媒に、カチオン系界面活性剤50~1500ppm、対イオン剤50~5000ppmを流体に添加混合する腐食抑制流れ促進方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-267845.gif
研究分野
  • 防食
  • 層流,乱流,境界層
  • ミセル
展開可能なシーズ 対イオン剤の存在下で棒状ミセルを形成するカチオン系界面活性剤に対し、金属の腐食の原因となるオルト位に基を持つベンゼン環型対イオン剤ではなく、メタ位やパラ位に基を持つ対イオン剤を使用することによって、腐食を抑制するとともに、高温域での棒状ミセルの形成を安定せしめることによって、広範囲で使用可能な冷温水用腐食抑制性流れ促進剤および冷温水熱媒における腐食抑制流れ促進方法を提供する。
閉路循環系、地域冷暖房システム、各種工場の循環系、コージェネレーションシステムなどに使用する水などの熱媒流体中の高温域での棒状ミセルの形成を安定せしめ、乱流を層流化させることにより、長期的に安定した抗力減少効果を誘起させ、広範囲で使用可能な熱媒流体を得ることができる。
用途利用分野 腐食抑制性流れ促進剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人山口大学, . 佐伯 隆, . 冷温水用腐食抑制性流れ促進剤および冷温水熱媒における腐食抑制流れ促進方法. 特開2006-083247. 2006-03-30
  • C09K   3/00     
  • C09K   5/08     
  • C23F  11/12     

PAGE TOP