TOP > 技術シーズ検索 > 摩耗試験装置およびその方法

摩耗試験装置およびその方法

シーズコード S100003254
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 森 充広
  • 渡嘉敷 勝
  • 長束 勇
  • 石村 英明
  • 石神 暁郎
技術名称 摩耗試験装置およびその方法
技術概要 試験体T1~T6が装着されモータ5により回転駆動される回転ドラム4と、回転ドラム4に装着されて回転される試験体に対して水流を噴射する噴射ノズル25を有する水流噴射装置6とを設ける。この試験体を水路における水利構造物の躯体をなす材料により構成する。試験時には、この試験体を回転ドラム4に装着し、この回転ドラム4をモータ5により回転駆動させ、水流噴射装置6により回転ドラム4に装着されて回転される試験体に対して水流を噴射する。水流による摩耗を促進させ摩耗状態を再現させることにより実現する。試験時、実際の通水状態よりもっと速い速度で高圧の水流を試験体に当て、試験体を、実際の水路などで見られる摩耗状態を再現したものに近い形状に短時間で摩耗させ、試験体に摩耗状態を再現させるように構成している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-099554.gif
研究分野
  • 材料の試験
展開可能なシーズ 簡素な構成で水利構造物の通水表面における摩耗状態を簡易かつ短期間に忠実に再現する。試験体を定量的に計測して、水利構造物躯体材料の摩耗特性および水利構造物の機能低下、性能低下を正確に把握する。
実際の通水状態よりももっと速い速度で高圧の水流が当たることにより、試験体が実際の水路などで見られる摩耗状態を再現したものに近い形状で摩耗することになり、摩耗が促進される。こうして、試験体は短時間で実際の水路などで見られる摩耗状態を忠実に再現したものに近い形状で摩耗させられる。このため、水路における水利構造物の躯体を構成する材料に対して短時間で摩耗状態を忠実に再現することができる。
用途利用分野 摩耗摺動試験装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 森 充広, 渡嘉敷 勝, 長束 勇, 石村 英明, 石神 暁郎, . 摩耗試験装置およびその方法. 特開2005-283416. 2005-10-13
  • G01N   3/56     

PAGE TOP