TOP > 技術シーズ検索 > 無窓畜舎内用噴霧装置及び方法、及びこの無窓畜舎内用噴霧装置及び方法を用いた無窓畜舎内の環境改善方法

無窓畜舎内用噴霧装置及び方法、及びこの無窓畜舎内用噴霧装置及び方法を用いた無窓畜舎内の環境改善方法

シーズコード S100003277
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 市来 秀之
  • 長谷川 三喜
  • 石田 三佳
  • 本田 善文
技術名称 無窓畜舎内用噴霧装置及び方法、及びこの無窓畜舎内用噴霧装置及び方法を用いた無窓畜舎内の環境改善方法
技術概要 無窓畜舎内に1個乃至複数個配置した噴霧装置1から、第1液10としての酸性水溶液及び第2液14としての油性溶液を各個別に吐出した直後に圧縮空気により混合霧化した状態で噴霧間欠する2液混合噴霧ノズル17によって、界面活性剤や撹拌装置等を用いることなく、混ざりにくい第1液と第2液とを容易に混ぜ合わせて噴霧することができると共に、噴霧濃度の調整や噴霧量の停止が容易な無窓畜舎内用噴霧装置である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-063624_1.gif thum_2005-063624_2.gif
研究分野
  • 飼育管理機械・施設
  • 家畜の飼養一般
展開可能なシーズ 界面活性剤や撹拌装置等を用いることなく混ざりにくい第1液と第2液とを容易に混ぜ合わせて噴霧すること、噴霧量や噴霧濃度の調整、噴霧の停止が容易であること、無窓畜舎内環境をより衛生的に改善すること等が可能な無窓畜舎内用噴霧装置及び方法、及びこの無窓畜舎内用噴霧装置及び方法を用いた無窓畜舎内の環境改善方法を提供する。
2液混合噴霧ノズルから各個別に吐出される第1液及び第2液は、その吐出直後に、2液混合噴霧ノズルから吐出される圧縮空気によって直ちに混合霧化された状態で噴霧される。界面活性剤や撹拌装置が不要になるので、コストの低減化と装置の簡略化とを図ることができる。
用途利用分野 無窓畜舎内用噴霧装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 市来 秀之, 長谷川 三喜, 石田 三佳, 本田 善文, . 無窓畜舎内用噴霧装置及び方法、及びこの無窓畜舎内用噴霧装置及び方法を用いた無窓畜舎内の環境改善方法. 特開2006-246710. 2006-09-21
  • A01K  31/04     
  • B05B   7/08     

PAGE TOP