TOP > 技術シーズ検索 > 電気ブレーキシステム

電気ブレーキシステム

シーズコード S100003349
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 小笠 正道
  • 山本 貴光
  • 山下 道寛
  • 渡邉 朝紀
技術名称 電気ブレーキシステム
技術概要 電気ブレーキシステムを、パンタグラフ11から入力された架線18からの直流電圧を制御するPAM(Pulse Amplitude Modulation)制御方式主回路20、鉄道車両等に使用される三相交流電動機群14、ブレーキ信号を入力するブレーキ入力部16、及びブレーキ入力部16からのブレーキ信号に応じて、予め設定された応速度ブレーキ力パターンμに基づいて、PAM制御方式主回路20を制御する制御部17で構成する。ここで、PAM制御方式主回路20に、パンタグラフ11から入力された架線18からの直流電圧の電圧値を制御する昇降圧DC/DCコンバータ12と直流と交流の電圧変換を行うDC/AC変換器であるインバータ13を設ける。このように、この電気ブレーキシステムにおいては、主電動機群14への印加電圧を任意に選定できる主回路として、PAM制御方式主回路20を採用することにより、このPAM方式により最大パワー時でも主電動機群14の電流最大値を増加せさることなく回生ブレーキ力増大を行うことができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-177157.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
展開可能なシーズ 電機品容量の増加を抑え、摩擦ブレーキを使用することなく電気ブレーキのみで車両を減速及び停止させることができる電気ブレーキシステムを提供する。
入力された直流電圧を交流電圧に変換して主電動機に変換した交流電圧を印可するインバータと、インバータに入力する直流電圧を制御する昇降圧回路を備えた電圧制御回路を設けることにより、電機品容量の増加を抑え、摩擦ブレーキを使用することなく電気ブレーキのみで車両を減速及び停止させることができる。
用途利用分野 PAM制御方式電圧制御回路
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 小笠 正道, 山本 貴光, 山下 道寛, 渡邉 朝紀, . 電気ブレーキシステム. 特開2002-369310. 2002-12-20
  • B60L   7/18     
  • B60L   7/14     
  • B60L   7/16     
  • H02P   3/18     

PAGE TOP