TOP > 技術シーズ検索 > 摩擦力測定装置

摩擦力測定装置

シーズコード S100003357
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 前橋 栄一
  • 西山 幸夫
  • 伴 巧
技術名称 摩擦力測定装置
技術概要 回転駆動機構が、スリップローラー112の回転軸115に巻かれた紐と、スリップローラー112の回転軸115の横に配置された、軸に巻かれた紐が横に延び出て巻回されたプーリーと、紐の端部に連結された、紐の張力を検知するテンションセンサと、テンションセンサを移動させて、紐をスリップローラー112ーの回転軸から巻き出す紐引き機構230とを有する。保持機構300を操作して押し付け機構140及びスリップローラー112の被測定部に対する姿勢を決めて装置を取り付ける。次いで押し付け機構140を操作してローラーを被測定物表面の測定箇所に押し付けるとともに、押圧力設定機構 (押し付け機構140と兼ねても良い)を操作してローラーの押圧力を設定する。そして、回転駆動機構でローラーを回転させながら、被測定物の表面とローラーとの間に働く摩擦力を摩擦力計で測定する。なお、通常、ローラーの中心位置は変わらず、ローラー外周面の周速は全量スリップ量となる。そして、ローラーの位置が変わっても、押し付け機構を操作して、押し付け機構からローラーにかかる押し付け力が被測定物の表面にほぼ垂直にかかるように調整できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-247798.gif
研究分野
  • 鉄道車両修理
  • 力,仕事量,圧力,摩擦の計測法・機器
展開可能なシーズ レール頭頂面の長手方向の摩擦力だけではなく、レール横方向(車両の左右方向)や車輪の円周方向及び横方向の摩擦力も摩擦力測定を簡単に行うことができる摩擦力測定装置を提供する。
車輪の周方向及び横方向の摩擦力測定を行うことができるとともに、レールの長手及び横方向の摩擦力測定をも行うことができる。
用途利用分野 鉄道車輪、レール
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, . 前橋 栄一, 西山 幸夫, 伴 巧, . 摩擦力測定装置. 特開2003-057135. 2003-02-26
  • G01L   5/00     
  • B61K   9/08     

PAGE TOP