TOP > 技術シーズ検索 > 地層種類の推定方法および推定装置

地層種類の推定方法および推定装置

シーズコード S100003365
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 坂井 宏行
技術名称 地層種類の推定方法および推定装置
技術概要 分析した地下水中のイオンのモル濃度比から、地下水が流れてきた地層の種類を推定する。この場合、分析されたナトリウムイオンと硫酸イオンとのモル濃度比の和が48%以上の場合は、地層を泥岩であると推定し、ナトリウムイオンと硫酸イオンとのモル濃度比の和が45%以下で、かつ、カリウムイオンのモル濃度比が1%以下と低い場合は、花コウ岩と推定し、ナトリウムイオンと硫酸イオンとのモル濃度比の和が40%以下と低く、かつ、カリウムイオンのモル濃度比が3%以上と高い場合は、流紋岩と推定し、ナトリウムイオンのモル濃度比が80%以上と高い場合は、凝灰岩と推定する。またナトリウムイオンのモル濃度比が28%、塩化物イオンのモル濃度比が34%と共に高く、かつ、カルシウムイオンのモル濃度が20%以下で、更にナトリウムイオンと硫酸イオンとのモル濃度比の和が41%の数値を示した場合は、シラスと推定し、マグネシウムイオンのモル濃度比が30%を超え、かつ、マグネシウムイオンのモル濃度比がナトリウムイオンのモル濃度比よりも高い場合は、斑レイ岩と推定し、硫酸イオンのモル濃度比が50%を超える場合は、安山岩と推定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-274756.gif
研究分野
  • 鉄道施設・建設一般
展開可能なシーズ 地層がどの岩石で構成されているかを、ボーリング調査のような大掛かりな調査を要せず、簡易に推定可能にする。
推定装置をマイクロコンピューター等で構成することにより、地層種類の判定が自動的にできる。更に、ハンディな装置にした場合は現場で地層種類の推定ができ、利便性が高い。
用途利用分野 地層種類推定装置、携帯用地層種類推定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, . 坂井 宏行, . 地層種類の推定方法および推定装置. 特開2003-082646. 2003-03-19
  • E02D   1/00     
  • G01V   9/00     

PAGE TOP