TOP > 技術シーズ検索 > 電気車の駆動制御方法および制御装置

電気車の駆動制御方法および制御装置

シーズコード S100003392
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 近藤 圭一郎
  • 松岡 孝一
  • 結城 和明
  • 恩田 昇治
技術名称 電気車の駆動制御方法および制御装置
技術概要 電気車の駆動制御装置を、速度推定部9、速度異常検出部10、及び保護手段であるアンド回路11で構成する。かかる構成において、速度推定部9は、VVVFインバータ1の出力電圧指令と、電流検出器19により検出されるVVVFインバータ1の出力電流から、誘導電動機2の回転速度を推定して速度推定値を得る。次いで、速度異常検出部10は、速度推定部9により得られた速度推定値が異常な値に収束したことを検出する。速度異常検出部10は、電気車の一編成中に有する外部の速度情報に基づいて、速度推定値が異常な値に収束したことを検出する。続いて、アンド回路11は、速度異常検出部10により速度推定値が異常な値に収束していると判定した場合に、VVVFインバータ1を停止させる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-013366.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
展開可能なシーズ 所定の車両加速性能を確保することが可能な電気車の駆動制御方法及び制御装置を提供する。
VVVFインバータ(可変電圧可変周波数インバータ)の出力電圧指令とVVVFインバータの出力電流から電動機の回転速度を推定して速度推定値を得、この速度推定値が異常な値に収束した場合には、保護動作によりVVVFインバータを停止させることにより、過電流や温度上昇を抑制し、計画した車両の加減速度と実際の加減速度との差異を低減して車両推力の低下を抑制することで所定の車両加速性能を確保することができる。
用途利用分野 可変電圧可変周波数インバータ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, (株)東芝, . 近藤 圭一郎, 松岡 孝一, 結城 和明, 恩田 昇治, . 電気車の駆動制御方法および制御装置. 特開2003-219504. 2003-07-31
  • B60L   3/04     
  • B60L   3/00     
  • B60L   9/18     

PAGE TOP