TOP > 技術シーズ検索 > 接地ブラシ装置

接地ブラシ装置

シーズコード S100003410
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 管藤 浩幸
  • 山川 典夫
  • 松岡 孝一
  • 寺田 泰也
  • 近藤 稔
技術名称 接地ブラシ装置
技術概要 ブラシ保持函1のV字形のブラシ挿入溝にブラシ2が装着され、ブラシ2はスリップリング15に、L字型バネ固定金具11に固定された薄板バネ10で加圧される構造である。パンタグラフから供給された電流を、レールに効率良く電流を帰還させる目的で、ブラシ保持函1は、取り付け側の軸箱と絶縁板17で絶縁されており、接地ブラシ装置はボルト16で軸箱に取り付けられる。また、ブラシ2と薄板バネ10を路線からの石や塵埃から保護する目的でパッキング18とカバー19をボルト20でブラシ保持函1に取り付ける。ブラシ保持函1にブラシ2がスリップリング15に対して垂直に装着されるように傾斜角度を持たせてV字形のブラシ挿入溝を形成するとともに、リード線8を固着したターミナル21の上部で反リード線固着側に、横方向に突出した一対の側壁22を設ける。一方、薄板バネ10の片方の端部(渦巻き部を形成していない側の部分)をL字型バネ固定金具11にリベット12で固定すると共に、L字型バネ固定金具11に薄板バネ飛び出し防止用のストッパー13をリベット14で固定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-106431.gif
研究分野
  • 鉄道車両設計
  • 鉄道車両用機器
展開可能なシーズ リード線同士が干渉し難い接地ブラシ装置を提供する。
この接地ブラシ装置用ブラシによれば、リード線同士が干渉し難くなる。
用途利用分野 電車、機関車
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 日立化成工業株式会社, 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 管藤 浩幸, 山川 典夫, 松岡 孝一, 寺田 泰也, 近藤 稔, . 接地ブラシ装置. 特開2003-300465. 2003-10-21
  • B61F  15/28     

PAGE TOP