TOP > 技術シーズ検索 > 列車検知システム

列車検知システム

シーズコード S100003422
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 西堀 典幸
  • 佐々木 達也
  • 平栗 滋人
  • 松田 和之
技術名称 列車検知システム
技術概要 車上送信機Tは、特殊列車6の先端部又は後端部に搭載される。これにより、質問器Qと地上応答器Gとの通信領域に特殊列車6が進入するとき、特殊列車6の先端部に搭載された車上送信機T1から送信される送信信号S3を質問器Qで受信することができる。また、特殊列車6が矢印A方向に進み、質問器Qと地上応答器Gとの通信領域から進出するとき、特殊列車6の後端部に搭載された車上送信機T2から送信される送信信号S3を質問器Qで受信することができる。したがって、質問器Qと地上送信機Gとの通信領域に特殊列車6が存在することを確実に検知することができ、車両の検知精度を高めることができる。そして、車上送信機Tは、そのアンテナの取付け角度が質問器Qの設置位置に対応させて角度付けされる。例えば、コンテナを輸送するコンテナ車両の場合には、車上送信機Tは、コンテナ車両の台車の側部において、そのアンテナの取付け角度が質問器Qの設置位置に対応させて斜め上に向けて搭載される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-228400.gif
研究分野
  • 線路構造,軌道材料
  • 信号,保安
展開可能なシーズ 列車に、この列車の列車情報を含む信号を自ら送信する車上送信機を搭載したことによって、列車の検知精度を高めることができる列車検知システムを提供する。
第1通信手段と第2通信手段との間の通信領域に特殊列車が存在し、特殊列車によって通信領域が遮断されないときには、第2通信手段からの応答信号が車上送信機からの信号によって抑圧され、車上送信機からの信号を第1通信手段で受信することができる。従って、第1通信手段と第2通信手段との間の通信領域に特殊列車が存在することを検知することができる。
用途利用分野 質問器、地上応答器、コンテナ車両、除雪車
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, 日本信号(株), . 西堀 典幸, 佐々木 達也, 平栗 滋人, 松田 和之, . 列車検知システム. 特開2004-066945. 2004-03-04
  • B61L   1/10     

PAGE TOP