TOP > 技術シーズ検索 > 地下水に海水を含有する漏水中の地下水分の最大流量の予測方法および予測装置

地下水に海水を含有する漏水中の地下水分の最大流量の予測方法および予測装置

シーズコード S100003429
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 坂井 宏行
技術名称 地下水に海水を含有する漏水中の地下水分の最大流量の予測方法および予測装置
技術概要 地下水に海水を含有する漏水の最大流量を予測する方法であって、海水の希釈割合と漏水流量とから、[希釈割合]=α×[漏水流量]+β(ただし、α、βは何れも定数である)の関係式を求め、このような関係式の希釈割合にゼロの値を算入したときに算出される漏水流量の値を漏水の最大流量の予測値とするものである。この場合、例えば、海底トンネルは、本坑1および作業坑2を有し、そのうちの本坑1は、トンネルの中間に向かうほど深くなるこう配変更点を有する略V字形の傾斜状態で築造されている。これに対して作業抗2は、本坑1の最深位置をこう配変更点として坑口に至るほど深くなるよう傾斜した略逆V字形に築造され、各坑口側の地上位置において、たて坑3、4が築造されている。そして、本坑1の位置(a)~(e)について、漏水の流量(m3 日-1(メートルの3乗 日のマイナス1乗))を三角ぜき法にて測定すると共に、その漏水中のナトリウムイオン濃度(μg mL-1)を測定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-240375.gif
研究分野
  • 保線,鉄道防災
  • 流体の実験・試験・測定方法及び装置
  • 地下水流
展開可能なシーズ より簡便に最大および最小の漏水流量等の各予測値を算出できるようにする。
最大および最小の漏水流量等の各予測値を求める場合、その計算手順をソフト化してパーソナルコンピューター等の高速演算処理手段に登録しておき、各測定データを入力することで自動的に算出するよう構成することができ、より簡便にこれら予測値を算出することができる。
用途利用分野 海底トンネル、地下構造物、予測装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 坂井 宏行, . 地下水に海水を含有する漏水中の地下水分の最大流量の予測方法および予測装置. 特開2004-077366. 2004-03-11
  • G01F   1/00     
  • E21F  16/00     

PAGE TOP