TOP > 技術シーズ検索 > X線回折装置及びX線回折システム

X線回折装置及びX線回折システム

シーズコード S100003484
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 佐藤 幸雄
  • 岩渕 研吾
  • 佐々木 敏彦
  • 平塚 剛一
技術名称 X線回折装置及びX線回折システム
技術概要 左右一対の鉄道用レールの一方の鉄道用レール1に着脱自在に装着可能であり、この鉄道用レール1にX線を照射してこの鉄道用レール1で回折した回折X線により発生する回折環の画像を撮像する。鉄道用レール1にX線を照射するX線照射部6と、回折X線のエネルギーを蓄積し回折環の画像をイメージングプレートに撮像する撮像部7と、鉄道用レール1に対するX線の入射角(ψ)が単一角度になるように、X線照射部と撮像部とを保持する保持部8とを備える。鉄道用レール1に沿って前記保持部8が移動可能なように、この鉄道用レール1のレール頭部1aの両側面1e,1f及び上面1dと回転接触して、この鉄道用レール1に保持部8を着脱自在に装着する装着部9,10とを備えるX線回折装置5である。また、撮像部7が撮像した回折環の画像に基づいて鉄道用レール1の応力を評価する評価装置12とを備えるX線回折システム2である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-048761.gif
研究分野
  • 保線,鉄道防災
  • 放射線検出・検出器
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 取扱いが容易で安価な構造であり持ち運びに便利で簡単に回折環の画像を撮像することができるX線回折装置及びX線回折システムを提供する。
単一X線入射による一個の回折環の全体画像によって応力を測定するcosα法を使用することによって、既存のX線応力測定装置などで使用されるsinψに匹敵する応力測定精度を得ることができる。また、精密な角度測定機構や入射角設定機構などを有するディフラクトメータやゴニオメータなどが不要になるため、装置の構造が簡単で安価に製造可能になるとともに、軽量で持ち運びが容易になって屋外や現場で簡単に測定することができる。さらに、既存のX線応力測定装置などのような入射角ψの変動によるX線照射点のずれやX線照射点の照射面積の変化が発生しないため、測定精度を向上させることができる。また、イメージングプレート7aによって回折環の全体画像をディジタル量として定量的に測定することができる。
用途利用分野 イメージングプレート、マルチワイヤ検出器、フラットパネルディテクタ、ゴニオメータ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, 平塚 剛一, . 佐藤 幸雄, 岩渕 研吾, 佐々木 敏彦, 平塚 剛一, . X線回折装置及びX線回折システム. 特開2005-241308. 2005-09-08
  • G01N  23/20     
  • B61K  13/00     
  • G01L   1/00     

PAGE TOP