TOP > 技術シーズ検索 > 鋼材の交換周期の設定方法および交換周期の管理装置

鋼材の交換周期の設定方法および交換周期の管理装置

シーズコード S100003502
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 坂井 宏行
技術名称 鋼材の交換周期の設定方法および交換周期の管理装置
技術概要 鋼材劣化の劣化促進物である海水を含有する水が存在する海底トンネルの入口から出口に至るまで連続的に設置された長尺状の鋼材の交換周期の設定をする。予め設定した所定間隔置きの位置にある鋼材の劣化度合をそれぞれ観測し、観測した劣化度合に基づいて長尺状の鋼材を複数の区分に区分けし、各区分内の鋼材のなかで鋼材設置から最も早く不具合が発生するまでの時間を当該各区分における鋼材の交換周期であるとそれぞれ設定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-161435.gif
研究分野
  • 保線,鉄道防災
  • トンネルの保守と付帯設備,その他
展開可能なシーズ 海底トンネル等の地下構造物に配設され、海水等の鋼材劣化の促進物を含有する水(水溶液)が存在する場所に設置された鋼材の交換周期を設定できるようにする。
連続的に配置された長尺状の鋼材の交換を、全区間でなく、細かく区分けした区分ごとでの鋼材交換ができることになって劣化鋼材の交換作業が容易になる。効率のよい交換ができることになり、鋼材のメンテナンスが容易となる。
用途利用分野 超音波評価
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 坂井 宏行, . 鋼材の交換周期の設定方法および交換周期の管理装置. 特開2005-345112. 2005-12-15
  • G01N  17/00     

PAGE TOP