TOP > 技術シーズ検索 > コンクリート構造物補強用繊維シート及び補強方法

コンクリート構造物補強用繊維シート及び補強方法

シーズコード S100003503
掲載日 2010年11月12日
研究者
  • 矢口 直幸
  • 鈴木 実
  • 井出 潤也
  • 小島 芳之
  • 栗林 健一
  • 伊勢 智一
  • 荒牧 潤
  • 藤間 誠司
技術名称 コンクリート構造物補強用繊維シート及び補強方法
技術概要 (a)強度が緯糸、経糸ともに400~1000N/cm、(b)破断伸度が緯糸、経糸ともに5~10%、(c)カバーファクターが40~100%、(d)20℃、30分間でのスチレンモノマー吸い上げ長が12cm以上であり、経糸、緯糸に撚りがかかっている、ポリビニルアルコール系合成繊維シートからなるコンクリート構造物補強用繊維シートである。コンクリート構造物補強用繊維シートを補強部に貼り、その上から常温硬化型樹脂または光硬化型樹脂を含浸し、硬化させるコンクリート構造物の補強方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-170015.gif
研究分野
  • 鉄道施設・建設一般
  • ずり処理,支保工,覆工
  • 用途開発
展開可能なシーズ 低いコストで、十分な補強性能を得ることができるコンクリート構造物補強用繊維シート及び補強方法を提供する。
樹脂の含浸性が高く、強度が大きいポリビニルアルコール系繊維は、適度な剛性と伸びを示す一方でエポキシやアクリル等の常温硬化型樹脂に対する親和性に優れ、十分な補強性能を得ることができる。合成繊維シートの価格は、従来のアラミド系繊維の価格に比べて廉価である。
用途利用分野 コンクリ-ト構造物補強用繊維シ-ト
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, 株式会社クラレ, 電気化学工業株式会社, . 矢口 直幸, 鈴木 実, 井出 潤也, 小島 芳之, 栗林 健一, 伊勢 智一, 荒牧 潤, 藤間 誠司, . コンクリート構造物補強用繊維シート及び補強方法. 特開2005-350879. 2005-12-22
  • E21D  11/04     
  • D03D   1/00     
  • D03D  15/00     
  • D06M  15/55     
  • E04C   5/07     
  • E01D  22/00     
  • D06M 101/24     

PAGE TOP