TOP > 技術シーズ検索 > 意味空間を表示した自己組織化マップ

意味空間を表示した自己組織化マップ

シーズコード S100003556
掲載日 2010年12月2日
研究者
  • 市原 清志
  • 片岡 浩巳
技術名称 意味空間を表示した自己組織化マップ
技術概要 自己組織化マップの作成及び表示装置をコンピュータで構成する。即ち、コンピュータを、ハードディスク11、ROM・RAM12、CPU13で構成した処理装置、操作部14、表示部15、及び入出力インタフェース部16とで構成する。かかる自己組織化マップの作成及び表示装置において、特徴地図の各ユニットの参照ベクトルについて、その意味空間での重み量を算出し、参照ベクトルの基線からの偏位量を一方の軸に、及び参照ベクトルの意味空間での重み量を他方の軸に、特徴地図の各ユニットを夫々配置して意味空間地図を作成する。このようにして作成した意味空間地図には、元の特徴地図のユニットの配列位置が示されており、例えば、この内の幾つかのユニットについて、健常群型、糖尿病型、肝障害型、腎障害型、低栄養・貧血型であることが示されている。これらのユニットについて、その参照ベクトルが図示されている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-014396.gif
展開可能なシーズ 自己組織化マップ法の特徴地図における欠点であった空間配置の非一貫性の問題を克服した、再現性のあるクラスタリングを提供する。
特徴地図の各ユニットの参照ベクトルについて、その意味空間での重み量を算出し、参照ベクトルの基線からの偏位量を一方の軸に、及び参照ベクトルの意味空間での重み量を他方の軸に、特徴地図の各ユニットを夫々配置して意味空間地図を作成することにより、利用者に対し自己組織化マップ法の分類結果を自動的に系統樹の形で意味空間に展開して提供することができる。
用途利用分野 自己組織化マップ表示装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人山口大学, 国立大学法人高知大学, . 市原 清志, 片岡 浩巳, . 意味空間を表示した自己組織化マップ. 特開2007-199787. 2007-08-09
  • G06N   3/00     
  • G06N   3/08     
  • A61B   5/00     

PAGE TOP