TOP > 技術シーズ検索 > 高分子固体電解質リチウム2次電池用負極材及びその製造方法

高分子固体電解質リチウム2次電池用負極材及びその製造方法

シーズコード S100003572
掲載日 2010年12月2日
研究者
  • 武田 保雄
  • 劉 宇
  • 今西 誠之
技術名称 高分子固体電解質リチウム2次電池用負極材及びその製造方法
技術概要 PEO電解質と黒鉛性炭素の接触界面を適正化すること、より詳細には黒鉛性炭素の表面構造を改善することにより、特性を大幅に向上できる。具体的には、黒鉛の表面部にリチウムと炭素からなる化合物膜を形成した高分子固体電解質リチウム2次電池用負極材である。ここで、リチウムと炭素からなる化合物膜とは、LiCの化学式で示される化合物で構成される膜を言う。そして、黒鉛表面部に形成されたリチウムと炭素からなる化合物膜の表層部は、少なくとも非晶質状態であることが望ましい。また、高分子固体電解質はポリエチレンオキサイドにリチウム塩が溶解されたものであり、更に、ポリエチレンオキサイドがセラミックスフィラーを含有している方が望ましい。セラミックフィラーを含有することにより、PEOの強度が増加する上に電気化学的特性も向上するからである。そして、製造方法は、黒鉛、金属リチウム及び沸点が190℃~260℃の有機溶剤で構成される混合物に、ボールミリング処理を施し、黒鉛表面部にリチウムと炭素からなる化合物膜を形成する。
研究分野
  • 二次電池
  • 固体デバイス材料
  • 固体デバイス製造技術一般
展開可能なシーズ ポリエチレンオキサイド(PEO)とリチウム塩を組合せて電解質とする高分子固体電解質リチウム2次電池用の負極としてのグラファイトの電気化学的性能を向上させる。
高い初期充放電効率とサイクル安定性を有するポリマー電解質リチウム2次電池の提供が可能になり、安全性を重視する用途への展開が可能となる。
用途利用分野 ポリエチレンオキサイド、電池、黒鉛
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人三重大学, . 武田 保雄, 劉 宇, 今西 誠之, . 高分子固体電解質リチウム2次電池用負極材及びその製造方法. 特開2006-294326. 2006-10-26
  • H01M   4/583    
  • H01M   4/36     

PAGE TOP