TOP > 技術シーズ検索 > シクロデキストリン誘導体の単離精製方法

シクロデキストリン誘導体の単離精製方法

シーズコード S100003578
掲載日 2010年12月2日
研究者
  • 寺西 克倫
技術名称 シクロデキストリン誘導体の単離精製方法
技術概要 シクロデキストリンあるいは置換されたシクロデキストリン誘導体のスルホン酸エステル(例えば、p-トルエンスルホニル基)を、アミノ化合物(例えば、アンモニア)と反応させ、アミノ化シクロデキストリン誘導体を合成する。反応液を除去し、残渣を水に溶解しアミノ化合物(例えば、アンモニア、トリエチルアミン)を添加し、、この溶液をアミノ化シクロデキストリン誘導体が難溶解性でありかつ水およびスルホン酸アンモニウム塩が溶解する液体(例えば、エタノール、プロパノール、アセトン、テトラヒドロフラン)に滴下し、白色の固体を生成させる。この固体を分離(ろ過)、洗浄、乾燥してアミノ化シクロデキストリン誘導体を単一化合物として得る。
研究分野
  • 糖質・糖鎖一般
  • 各種有機化合物の製造
展開可能なシーズ シクロデキストリンあるいは置換されたシクロデキストリン誘導体のスルホン酸エステルを、アミノ化合物によりアミノ基で置換することによるアミノ化シクロデキストリン誘導体の製造において、製造されるアミノ化シクロデキストリン誘導体を製造混合物から簡便、短時間、経済的に単離精製する方法を提供する。
高純度のアミノ化シクロデキストリン誘導体の大量供給が可能となる。
用途利用分野 アミノ化シクロデキストリン誘導体
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人三重大学, . 寺西 克倫, . シクロデキストリン誘導体の単離精製方法. 特開2007-126494. 2007-05-24
  • C08B  37/16     

PAGE TOP