TOP > 技術シーズ検索 > 電極とその製造方法およびそれを用いたリード配線とその接続方法およびそれらを用いた電子部品と電子機器

電極とその製造方法およびそれを用いたリード配線とその接続方法およびそれらを用いた電子部品と電子機器

シーズコード S100003639
掲載日 2010年12月2日
研究者
  • 小川 一文
技術名称 電極とその製造方法およびそれを用いたリード配線とその接続方法およびそれらを用いた電子部品と電子機器
技術概要 リード線端部27表面の表面を化学吸着液中に接触させて、アルコキシシラン化合物と反応させてリード線端部27表面にエポキシ基を有する化学吸着単分子膜(第1の反応性の有機膜)21を形成する。化学吸着単分子膜21を所定のパターンに加工する。導電性微粒子を化学吸着液中に分散させてアルコキシシラン化合物と反応させて導電性微粒子表面に第2の反応性の有機膜を形成する。パターン状の化学吸着単分子膜21の形成された配線端部の表面に第2の反応性の有機膜で被覆された導電性微粒子を接触させて選択的に反応させる。導電性微粒子を洗浄除去して第2の反応性の有機膜で被われた導電性微粒子層よりなる電極を形成する。エポキシ基を有する化学吸着単分子膜21で選択的に被われた電子デバイス22表面に、アミノ基を有する化学吸着単分子膜(第2の反応性の有機膜)で被われた銀微粒子23をアルコールに分散させて塗布し、加熱する。これにより、リード線端部27表面のエポキシ基と接触する銀微粒子表面のアミノ基が反応で付加して導電性銀微粒子23とリード線端部27は二つの単分子膜21を介して選択的に結合する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-039273.gif
研究分野
  • 電気・電子部品一搬
  • 金属薄膜
  • 固体デバイス製造技術一般
展開可能なシーズ 導電性微粒子を用い、導電性微粒子本来の機能を損なうことなく、新たな機能を付与し、任意の配線端部表面に選択的に導電性微粒子を1層のみの並べた粒子サイズレベルで均一厚みの被膜(単層導電性微粒子膜)を用いた電極や導電性微粒子を1層のみ並べた膜を複数層選択的に累積した被膜(導電性微粒子膜積層体)を用いた電極及びその製造方法とそれを用いたリード配線とその接続方法を提供する。
反応性の有機被膜で被われた配線端部と反応性の有機被膜で被われたリード線を反応性の有機膜で被われた導電性微粒子よりなる電極を用いることにより、接続抵抗が低く且つ信頼性の高いリード配線を簡便で低コストに製造できる。
用途利用分野 配線端部、有機膜
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 香川大学, アルプス電気株式会社, . 小川 一文, . 電極とその製造方法及びそれを用いたリード配線とその接続方法及びそれらを用いた電子部品と電子機器. 特開2007-220884. 2007-08-30
  • H05K   3/34     
  • H01L  21/60     
  • H05K   3/32     

PAGE TOP