TOP > 技術シーズ検索 > アナログ符号化システム

アナログ符号化システム

シーズコード S100003656
掲載日 2010年12月2日
研究者
  • 松藤 信哉
  • 棚田 嘉博
  • 田中 幹也
  • 山口 静馬
  • 浜本 義彦
技術名称 アナログ符号化システム
技術概要 生アナログデータ12は演算部2に含まれる第1写像変換部5によって写像変換され、n次元アナログデータ13となる。ここで、データベース4には、乱数発生関数データ15が格納されており、同じく格納されている乱数発生関数初期値14を用いることで、乱数を発生させることができる。変換データ17或いは圧縮データ18は、演算部2の多次元直交逆変換部10によって逆変換される。この逆変換の際には、先に多次元直交変換部8で用いられた多次元直交系列データ16が必要となる。そこで、この多次元直交系列データ16を生成する際に、先の乱数発生関数初期値14を用いて乱数の発生を再現して多次元直交変換時の多次元直交系列を再生成する。この多次元直交逆変換部10によって逆変換されて得られたn次元アナログデータは、さらに第2写像変換部11によって生アナログデータに変換される。そして、この演算部2における演算結果をはじめとして、入力部1から入力されるデータやデータベース4に格納されているデータは、出力部3によって他の装置やシステムに対して出力されたり、或いは出力部3自身に表示される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-149608.gif
研究分野
  • 符号理論
  • データ保護
展開可能なシーズ 簡単な構成で容易に取り扱うことができ、しかも高い品質を担保可能で秘匿性が高いアナログ符号化システムを提供する。
容易に乱数の発生の再現を実行することができ、このような乱数発生関数とその初期値を利用することで、鍵の送受信を容易にすることができるとともに、受信側の逆変換によるアナログデータの復元も容易となる。また、局所的に雑音などが現れるよりも一定の品質が担保される。
用途利用分野 ユビキタスネットワーク、離散多値、アナログ情報
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人山口大学, . 松藤 信哉, 棚田 嘉博, 田中 幹也, 山口 静馬, 浜本 義彦, . アナログ符号化システム. 特開2005-333386. 2005-12-02
  • H04K   1/00     
  • H04L   9/18     
  • H03M   7/30     
  • H04N   1/41     
  • H04N   1/44     

PAGE TOP