TOP > 技術シーズ検索 > 導電性付与可能なLB膜及び導電性LB膜

導電性付与可能なLB膜及び導電性LB膜

シーズコード S100003658
掲載日 2010年12月2日
研究者
  • 石黒 勝也
技術名称 導電性付与可能なLB膜及び導電性LB膜
技術概要 導電性付与可能なラングミュア・ブロジェット膜(LB膜)は、電子受容体有機化合物よりなる薄層と光増感性基と電子を供与することにより、不可逆的に化学変化する基とを一分子中に有する有機化合物よりなる電子供与体の薄層との2重層構造よりなる。この場合、電子を受け取り導電体となる有機化合物(電子受容体)例えば、TCNQ及びそのキノン環に疎水性基が置換された誘導体、プロトポルフィリン、アセチレンオリゴマー、チオフェン、ピロール、チアジル、アズレン、インデン、インドール、パラフェニレン、ナフチレン、アントラセン、アニリン、フタロシアニン、フェロセン等又はそれらの誘導体よりなるLB膜、中でも式で示されるようなメチレン鎖を有する化合物、特にメチレン鎖が7~16連なったアルキル基がキノン環に結合したTCNQはLB膜とするとき、分子配列が整った優れた成膜性能を有し、延いては、長期にわたって導電性を保持することが可能となるので、好ましいLB膜を与える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-203624.gif
研究分野
  • 有機化合物の薄膜
  • 超伝導材料
  • 光化学反応
展開可能なシーズ 光を照射することにより、半永久的に導電性を付与することが可能な有機薄膜を提供し、導電性を有する有機薄膜を提供する。
薄膜は、薄膜に可視光乃至紫外線を照射することにより、特に光の照射を受けた部分を選択的に導電性とすることができるため、光メモリーやIC回路の作成など光エレクトロニクスの分野において有効に用いられる。
用途利用分野 光感応性電導膜、電子受容体有機化合物
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人山口大学, . 石黒 勝也, . 導電性付与可能なLB膜及び導電性LB膜. 特開2006-024527. 2006-01-26
  • H01B   5/14     
  • G11B   7/244    
  • G11B   7/24     
  • H01B   1/12     

PAGE TOP