TOP > 技術シーズ検索 > 質問応答システム

質問応答システム

シーズコード S100003760
掲載日 2010年12月3日
研究者
  • 藤井 敦
  • 石川 徹也
  • 三原 英理
技術名称 質問応答システム
技術概要 まず、質問抽出部14は、ウェブ13上に頻出する質問を抽出する。検索部16は、既存の検索エンジンを用いて、質問抽出部14により抽出された質問に関連するページを網羅的に検索する。回答抽出部17は、検索部16によって検索されたページから行動表現を含む段落を抽出する。回答組織化部18は、含まれる行動表現によってこの抽出された段落を分類し、分類された回答と質問を対にしてFAQデータベース部12に蓄積する。ユーザがシステムを利用する場合、ユーザがユーザインタフェース装置1に質問2を入力すると、FAQデータベース部12内に同じ質問がないか判別部15で検索する。同じ質問があれば、それに対応する回答をFAQデータベース部12より取り出し提示する。同じ質問がなければ、事前処理と同様に、検索部16で検索、回答抽出部17で回答抽出、回答組織化部18で回答組織化を行い、動的に作成された回答を回答部11に生成して提示する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-058390.gif
研究分野
  • 検索技術
展開可能なシーズ 抽出型の質問応答システムをウェブに応用し、行動を問うhow型質問に領域を限定することなく回答することができる質問応答システムを提供する。
領域を限定することなく、how型質問に回答することができる。つまり、何らかの困った状況にあるユーザに対して、取るべき行動を示唆するヘルプデスク指向の質問応答システムを提供することができる。
用途利用分野 質問応答システム、エキスパート・システム、対話システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人筑波大学, . 藤井 敦, 石川 徹也, 三原 英理, . 質問応答システム. 特開2006-244102. 2006-09-14
  • G06F  17/30     

PAGE TOP