TOP > 技術シーズ検索 > 意思決定支援システム及び意思決定支援方法

意思決定支援システム及び意思決定支援方法

シーズコード S100003769
掲載日 2010年12月3日
研究者
  • 藤井 敦
  • 石川 徹也
  • 佐々木 千晴
技術名称 意思決定支援システム及び意思決定支援方法
技術概要 意思決定支援システム10はデータベースにアクセスして、入力手段11により入力されたテーマに関連する意見テキスト群を収集し、論点抽出手段12により、テーマに関連する複数の論点を抽出する。次に、固有度算出手段13は収集された複数の論点毎に、これを含む意見テキスト群の中から是認、否定の何れかの立場を有する意見の割合を表す固有度を算出し、重要度算出手段14は複数の論点毎に、是認、否定の何れかの立場を含む意見の重要度を算出する。次いで、関連語抽出手段15は複数の論点に関連する関連語を抽出し、代表意見選択手段16は複数の論点毎に対する肯定、否定の意見における複数の代表意見を選択する。なお、関連語抽出手段15により抽出される関連語は、複数の論点を含む意見テキストの中から重複して出現する名詞、動詞及び形容詞等の内容語の中から抽出される。また、代表意見選択手段16は、ある論点を含む意見テキストの全てを形態素解析し、内容語の出現頻度を計算することにより複数の代表意見を選定し、選定され複数の代表意見の出現頻度を順位付けして出力する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-066715.gif
研究分野
  • 公共情報システム
展開可能なシーズ あるテーマに関連する多くの世人の意見に基づいての複数の論点を参照することで合理的且つ妥当性のある決定支援情報を提供することを可能にすると共に、操作者の操作手法に左右されずに有用性に優れた意思決定支援システムを提供する。
抽出された複数の論点毎に、当該論点に一の立場を有する意見の割合を表す固有度と、一の立場を含んでいる意見の重要度を算出すると共に、複数の論点に関連する関連語を抽出して論点毎に対する肯定又は否定の意見における複数の代表意見を選択することにより、合理的且つ妥当性のある決定支援のための判断情報を得ることができる。
用途利用分野 テキストマイニング活用型意思決定支援システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 筑波大学, . 藤井 敦, 石川 徹也, 佐々木 千晴, . 意思決定支援システム及び意思決定支援方法. 特開2007-241901. 2007-09-20
  • G06F  17/30     
  • G06Q  50/00     
  • G06F  19/00     

PAGE TOP