TOP > 技術シーズ検索 > 撮像装置及び画素回路

撮像装置及び画素回路

シーズコード S100003842
掲載日 2010年12月3日
研究者
  • 川人 祥二
技術名称 撮像装置及び画素回路
技術概要 1の部分は、光電変換素子としてのフォトダイオードPDと転送ゲートトランジスタMT、リセットトランジスタMRからなる。2の部分において、フォトダイオードのカソード部で光の照射により発生した電荷を蓄積し、制御線TXを操作して、電荷QをVFDとかかれた部分に転送する。この時、VFD部に寄生する容量をCFDとすると、Q/CFDに相当する信号電圧変化が生じる。電子シャッタ動作、電圧増幅、リセットノイズ低減を行った信号(2の部分)をバッファ回路及び電流源負荷トランジスタを用いて読み出す(3の部分)。バッファ回路は、2の部分の出力電圧が低い電圧レベルにあるので、pチャネルトランジスタを用いている。各制御信号(R,TX,SS)により、電子シャッタ・増幅・ノイズキャンセル動作が行われ、その出力信号(V)を、垂直シフトレジスタから出される制御信号(SS,SX)により、垂直方向の読み出しと水平方向の読み出しを1行ごとに行い、外部に出力する。垂直方向読み出しの際、3の部分のバッファアンプの特性ばらつきにより発生する固定パターン雑音を除去するノイズキャンセル処理を、ノイズキャンセル回路で行う。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-295027.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
  • 電荷移送デバイス
展開可能なシーズ 簡単な回路で電子シャッター動作、リセットノイズ低減並びに電圧増幅を実現する。
画素内で電子シャッタ動作、リセットノイズ低減並びに電圧増幅を、簡単な回路で実現することができ、画素部分に設置することができる。また、CMOSセンサにおいて、電子シャッタ動作を採用したことにより、高速画像取り込みが可能となる。
用途利用分野 高速イメージセンサ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人静岡大学, . 川人 祥二, . 撮像装置及び画素回路. 特開2005-065074. 2005-03-10
  • H04N   5/335    
  • H01L  27/146    

PAGE TOP