TOP > 技術シーズ検索 > 界面検出装置及び界面検出方法

界面検出装置及び界面検出方法

シーズコード S100003847
掲載日 2010年12月3日
研究者
  • 岡村 静致
技術名称 界面検出装置及び界面検出方法
技術概要 この界面検出装置は、内部に物性の異なる複数の物質の界面を有する被測定対象34,35,41,42に、電磁波を照射する電磁波照射手段(発信機11,ケーブル14,照射用アンテナ31からなる)と、被測定対象34,35,41,42を透過した電磁波を検出する電磁波検出手段(検出用アンテナ32,ケーブル15,検出器12からなる)と、物質の界面と電磁波検出手段32,15,12との相対的位置を変化させる位置移動機構(Z軸移動ステージ45,Z軸駆動装置46からなる。Zは鉛直方向)とを備える。被測定対象は、第1試料41及び第2試料42が容器34に収納されて構成されており、容器34は蓋35(場合により省略してもよい)により密閉される。被測定対象を構成する物質の物質定数(導電率、誘電率など)により、使用する電磁波の周波数と検出用機器の設定を行う。データ処理機器13により、電磁波照射手段及び電磁波検出手段の位置を含めた制御を行いながら、測定を行い、検出器12の出力を処理して、界面の検出を行う。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-011147.gif
研究分野
  • 液体・粉体レベルの計測法・機器
展開可能なシーズ ガラス、プラスチック等の容器内にある液面を外部から検知する場合、特に光学的に不透明な環境にある物質の境界を、その外部から非接触に検知できる界面検出装置や界面検出方法を提供する。
この界面検出装置や界面検出方法によれば、光学的に不透明な環境にある物質の境界を、その外部から非接触に検知することができる。
用途利用分野 界面検出装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人静岡大学, . 岡村 静致, . 界面検出装置及び界面検出方法. 特開2005-201875. 2005-07-28
  • G01F  23/284    

PAGE TOP