TOP > 技術シーズ検索 > 実時間瞳孔位置検出システム

実時間瞳孔位置検出システム

シーズコード S100003854
掲載日 2010年12月3日
研究者
  • 海老澤 嘉伸
技術名称 実時間瞳孔位置検出システム
技術概要 実時間瞳孔位置検出システムは、明瞳孔を含む顔画像と暗瞳孔を含む顔画像を撮像することができる撮影手段と、撮影手段の出力を処理演算する画像処理演算装置を用いて、顔領域の差分画像を得る前処理ステップ(1)と、顔領域で瞳孔を探索する瞳孔探索ステップ(a)、(b)、(c)と、および探索された瞳孔にウインドウを与えてウインドウ内で瞳孔中心を算出するステップ(3)と、を含む実時間瞳孔位置検出システムである。そして、前処理ステップは、明瞳孔を含む顔画像と暗瞳孔を含む顔画像の差分画像と、顔領域を区別する2値画像を作り、それらの論理積により顔領域差分画像を得るステップである。そして、また、瞳孔探索ステップは、顔領域における瞬目時に生じる画像変化により目領域差分画像を作成(2)することにより瞳孔を探索するステップである。そして、また、瞳孔中心を算出するステップは、前のフレームの瞳孔位置を参考にして瞳孔にウインドウを与え、瞳孔の有無を判定し、ウインドウ内で瞳孔の高精度中心算出を行うステップである。このシステムでは、実時間で瞳孔位置の検出を可能にするために全体を図に示すようにしてある。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-170506.gif
研究分野
  • 医用画像処理
  • 医療用機器装置
  • 眼の診断
展開可能なシーズ マーカー等を用いることなく非接触で、実時間の瞳孔の検出が可能になる実時間瞳孔検出装置を提供する。
実時間の瞳孔の検出が可能となり、細部の効果としては、いくつかの閾値に経験値を利用したが、一度決定すると他の被験者でも閾値を変更せずにほぼ同様に使用できる。したがって、本システムでは、初めての被験者でもすぐに瞳孔検出が開始できる。また、眼の座標を検出することも可能であるが、本質は精密に瞳孔中心を検出できることであり、ばらつきがほとんどない。
用途利用分野 瞳孔マウス、瞳孔2次元座標検出
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人静岡大学, . 海老澤 嘉伸, . 実時間瞳孔位置検出システム. 特開2005-348832. 2005-12-22
  • A61B   3/113    
  • A61B   3/10     
  • G06T   1/00     

PAGE TOP