TOP > 技術シーズ検索 > 移動物体を検出するシステムとその方法

移動物体を検出するシステムとその方法 新技術説明会

シーズコード S100003856
掲載日 2010年12月3日
研究者
  • 中谷 広正
技術名称 移動物体を検出するシステムとその方法 新技術説明会
技術概要 移動物体検出システムは、連続撮像手段Aで連続的に撮像された複数枚の画像から移動物体を検出するシステムである。画像出力手段Bは、連続撮像された複数枚の画像に雑音低減処理を施し、背景領域識別手段Cと水平エッジ検出手段Dとに画像を供給する。背景領域識別手段Cは、画像出力手段Bより供給された連続する2枚の画像からオプティカルフローを算出し、オプティカルフローが消失点に向かう特徴点を背景として背景領域を識別する。水平エッジ検出手段Dは、画像出力手段Bから供給された画像に基づいて水平エッジ成分を検出する。移動物体検出手段Eは、背景領域識別手段Cにより背景領域と識別された領域について水平エッジ検出手段Dで検出された水平エッジ成分を除去し、除去されなかった水平エッジ成分を移動物体候補とする。このように、オプティカルフローと水平エッジ検出の両方の視点から移動物体を検出することから、移動観測系(観測者の車両)のビデオカメラ出力を演算処理して移動物体(先行車両等)を確実に検出することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-236024.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
  • パターン認識
  • 写真機とその付属品
展開可能なシーズ 一般道路走行中の車両が取得した画像情報を処理して、前方車や追い越し車などの移動物体の検出を可能にし、検出情報を運転者等に提供可能にすることにより、運転者の負担を減少させることができる移動物体を検出するシステムを得る。
オプティカルフローと水平エッジ検出の両方の視点から移動物体を検出するように構成してあるから、移動観測系(観測者の車両)のビデオカメラ出力を演算処理して移動物体(先行車両等)を確実に検出することができる。
用途利用分野 移動物体検出システム、交通運輸産業、車両関連搭載電子通信機器製造産業
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人静岡大学, . 中谷 広正, . 移動物体を検出するシステムとその方法. 特開2006-053823. 2006-02-23
  • G06T   7/20     

PAGE TOP