TOP > 技術シーズ検索 > 移動体追跡のための画像処理方法

移動体追跡のための画像処理方法

シーズコード S100003859
掲載日 2010年12月3日
研究者
  • 佐治 斉
技術名称 移動体追跡のための画像処理方法
技術概要 追跡の対象である前方走行中の車両の映像は、画像入力部1で、追跡対象の車両とは別の走行中の車両に搭載されているカメラにより逐次入力画像として記憶部(メモリ)2に取り込まれ、入力画像のフレームから、テンプレート抽出部3でテンプレートを抽出する。ブロック分割部4はテンプレートをブロックテンプレートに分割する。幾何学変換部5は幾何学変換を実行し、個別相違度計算部6により相違度を計算する。そして有効/無効ブロック判定部7で有効ブロックか無効ブロックかを判定する。有効平均相違度計算部8により有効平均相違度が計算され、照合結果出力部9で照合結果が表示される。前方車両領域に該当する矩形をディスプレイ上に視覚的に表示し、また幾何学変換のパラメータ値の変化を用いて前方車両までの車間距離変化や前方車両の進行方向の変化を数値として表示する。これにより、照明変化により追跡車両の一部の領域の色や明るさが変動しても、その部分を無効ブ ロックと判定し除外することにより、車両全体の正しい追跡を行うことができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-370041.gif
研究分野
  • 電装品
  • 図形・画像処理一般
  • 写真機とその付属品
展開可能なシーズ 車載カメラにより撮影した動画像中からテンプレートとして抽出された車両領域を正確に追跡することができる画像処理方法を提供する。
照明変化により追跡車両の一部の領域の色や明るさが変動しても、その部分を無効ブ ロックと判定し除外することにより、車両全体の正しい追跡が行える。またダイナミ ックレンジの低いカメラで撮影された画像で車両を追跡する場合に、追跡対象物の一部の領域においてハレーショ ンを起こしてしまう場合であっても、その領域を無効ブロックとして除外することにより、正しい追跡を継続して行うことができる。
用途利用分野 交通管制、運転者の運転補助、前方走行車両の追跡
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人静岡大学, . 佐治 斉, . 移動体追跡のための画像処理方法. 特開2006-178669. 2006-07-06
  • G06T   1/00     
  • G06T   3/00     
  • G06T   3/40     
  • G06T   3/60     
  • G06T   7/00     

PAGE TOP