TOP > 技術シーズ検索 > トンネル壁面の展開画像作成装置

トンネル壁面の展開画像作成装置

シーズコード S100003866
掲載日 2010年12月3日
研究者
  • 小久保 将寿
  • 神保 吉克
  • 舟橋 秀麿
  • 和仁 幸也
  • 林 直樹
  • 田近 利幸
  • 鵜飼 正人
  • 太田 勝
  • 佐藤 仁
  • 高木 薫
技術名称 トンネル壁面の展開画像作成装置
技術概要 このトンネル壁面展開画像作成装置10は、トンネル内を移動可能な車両11と、車両に搭載され、トンネルの周方向に沿ったラインを複数に分割した分割ラインのそれぞれに対応づけられて設置される。この場合、その対応づけられた分割ラインを撮影して分割ラインデータとして出力する複数のラインセンサカメラC1~C4と、それが出力した分割ラインデータを取り込むデータ取込手段と、を備えている。更に、分割ラインデータを構成する各画素の位置をラインセンサカメラの結像面上からトンネル壁面上に変換し、変換後の位置間隔を求め、その位置間隔に応じて分割ラインデータの画素間隔を補正する画素間隔補正手段と、画素間隔補正手段による補正後の分割ラインデータに基づいてトンネル壁面の展開画像を作成する展開画像作成手段と、車両のカント(左右傾斜角度)15を検出可能なカント検出手段を備えている。ここで、画素間隔補正手段は、カント検出手段により検出されたカントを加味した上で分割ラインデータを構成する各画素の位置をラインセンサカメラの結像面上からトンネル壁面上に変換するものである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-217092.gif
研究分野
  • トンネル工学一般
  • 図形・画像処理一般
  • 写真機とその付属品
展開可能なシーズ トンネル壁面の展開画像からトンネル壁面の変状を正確に把握できるトンネル壁面の展開画像作成装置を提供する。
複数のラインセンサカメラがそれぞれに対応する分割ラインを撮影するものであるため、画像分解能が高くなるので、展開画像に現れるクラックの幅・長さ等は、実際のクラックの幅・長さ等を測定したのと同等になり、トンネル壁面の展開画像からトンネル壁面の変状を正確に把握できる。
用途利用分野 展開画像作成装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 東海旅客鉄道株式会社, 公益財団法人鉄道総合技術研究所, JFEプラントエンジ株式会社, . 小久保 将寿, 神保 吉克, 舟橋 秀麿, 和仁 幸也, 林 直樹, 田近 利幸, 鵜飼 正人, 太田 勝, 佐藤 仁, 高木 薫, . トンネル壁面の展開画像作成装置. 特開2001-043353. 2001-02-16
  • G06T   1/00     
  • G01C   7/06     
  • G01C  15/00     

PAGE TOP