TOP > 技術シーズ検索 > 油圧供給システムの測定方法

油圧供給システムの測定方法

シーズコード S100003873
掲載日 2010年12月3日
研究者
  • 大倉 敏明
  • 星野 公輔
  • 狩野 泰
  • 高見 創
  • 滝沢 秀行
技術名称 油圧供給システムの測定方法
技術概要 この油圧供給システムは、各アキュムレータ1に蓄えられる作動油を導く複数のチェック弁と、各アキュムレータ内の作動油をタンクに戻す複数の止め弁と、各アキュムレータの油圧を検出する複数の油圧センサ6と、各止め弁を開いて各アキュムレータから作動油が抜き取られる過程で各油圧センサの検出信号を基に各アキュムレータの油圧低下特性を求めその油圧変化を表示する表示手段とを備えている。油圧供給システムの測定方法は、各止め弁を時間差を持って順に開き、表示手段に表示される各アキュムレータにおける油圧低下率の変化点を各アキュムレータのガス封入圧として検出するというものである。油圧源9からの作動油はチェック弁13を介してアキュムレータに蓄えられ、アキュムレータは油圧の脈動を吸収したり、油圧変化の応答を高める働きをする。蓄圧容器の中に弾性部材からなるブラダ2を介して所定圧力のガスを封入したガス室3と作動油を溜める油溜室4とが仕切られ、油溜室の圧力変動に伴ってガス室が拡縮するようになっている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-343549.gif
研究分野
  • 油圧・空気圧機器
展開可能なシーズ 複数系統のアキュムレータのガス封入圧を個別に測定する油圧供給システムの測定方法を提供する。
各アキュムレータから作動油が抜き取られる時に各油圧センサの検出信号に応じて各アキュムレータのガス封入圧を測定する構成のため、共通の油圧源に接続された異なるアキュムレータのガス封入圧を個別に測定できる。
用途利用分野 油圧供給システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) KYB株式会社, 公益財団法人鉄道総合技術研究所, 東海旅客鉄道株式会社, . 大倉 敏明, 星野 公輔, 狩野 泰, 高見 創, 滝沢 秀行, . 油圧供給システムの測定方法. 特開2004-176808. 2004-06-24
  • F15B   1/02     

PAGE TOP