TOP > 技術シーズ検索 > 球体中子を有する偏芯スペーサ

球体中子を有する偏芯スペーサ

シーズコード S100003876
掲載日 2010年12月3日
研究者
  • 浦部 正男
  • 上野 眞
  • 永長 隆昭
  • 斉藤 正樹
技術名称 球体中子を有する偏芯スペーサ
技術概要 この球体中子8を有する偏芯スペーサは、基礎に植設されるボルトを受け入れる第1の偏芯貫通穴2とこの上部に連通する半球形凹部3とを有する円筒状の下部ブロック1と、ボルトを受け入れる第1の偏芯貫通穴とこの第1の偏芯貫通穴の下部に連通する半球形凹部とを有する円筒状の上部ブロック5と、ボルトを受け入れる第2の偏芯貫通穴9を有する球体中子とを備える。更に、下部ブロックと上部ブロックとを組み合わせた内側に形成される球形をした空間部に球体中子を有する組み立て体を貫通穴を有する被固定体に収容するとともに、ボルトが球体中子の第2の偏芯貫通穴に適合して貫通され、基礎に対して被固定体を所定位置に固定する。このように構成することにより、基礎に植設されるボルトが少々傾斜していても、球体中子を回転させ、第2の偏芯貫通穴をボルトの傾斜に対応するように傾斜させることにより、簡単に適合でき、基礎の正しい位置へ被固定体を円滑に取り付けることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-051035.gif
研究分野
  • 動力車
  • 線路構造,軌道材料
展開可能なシーズ 基礎に対して位置ずれを有するあるいは傾斜して植設されるボルトに対しても簡単に適合でき、取付けが円滑な、球体中子を有する偏芯スペーサを提供する。
基礎への被固定体の取付けにあたり、基礎に設けられるボルトの位置ずれ、傾斜があっても一定の範囲内であれば、簡単に適合でき、取付けを円滑に行うことができる。
用途利用分野 磁気浮上式鉄道、ガイドウェイ、偏芯スペーサ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, 東海旅客鉄道(株), . 浦部 正男, 上野 眞, 永長 隆昭, 斉藤 正樹, . 球体中子を有する偏芯スペーサ. 特開2004-256055. 2004-09-16
  • F16B  43/02     
  • F16B   5/02     
  • B61B  13/08     
  • E01B  25/32     

PAGE TOP