TOP > 技術シーズ検索 > 塩縮した天然繊維ならびにその製造方法

塩縮した天然繊維ならびにその製造方法

シーズコード S100003921
掲載日 2010年12月3日
研究者
  • 加藤 弘
  • 塚田 益裕
  • 新居 孝之
技術名称 塩縮した天然繊維ならびにその製造方法
技術概要 天然繊維として野蚕絹糸または羊毛を中性塩水溶液中に浸漬し、引き続いて、取り出した天然繊維を、野蚕絹糸または羊毛の蛋白質が凝固する条件で、水単独または水/アルコールの混合水溶液からなる凝固浴中に浸漬し、塩縮・凝固した天然繊維を製造する。処理対象羊毛として、中性塩水溶液中に浸漬する前に尿素水溶液中に浸漬して分子間・分子内の水素結合を切断した羊毛を用いることが望ましい。中性塩は、臭化リチウム、硝酸リチウム、塩化リチウム、チオシアン酸リチウム、硝酸カルシウム、および塩化カルシウムから選ばれることが望ましい。これらの中性塩の濃度は、0.8g/mLより高く6.0g/mL以下であることが望ましい。また、処理対象野蚕絹糸または羊毛は、グラフト重合用モノマーを用いて加工したグラフト加工野蚕絹糸もしくは羊毛、または反応性モノマーを用いて化学修飾加工した化学修飾加工野蚕絹糸もしくは羊毛であっても良い。このグラフト重合用モノマーは疎水性または親水性ビニル化合物であり、また、反応性モノマーはエポキシ化合物または酸無水物であることが望ましい。
研究分野
  • 紡糸・製糸一般
  • 養蚕一般
  • 羊,山羊
展開可能なシーズ バルキー性、耐摩耗性に優れ、手触り時の風合感がよく、さらには染料による染着性に優れた塩縮天然繊維(野蚕絹糸および羊毛)を提供し、更に、塩縮した野蚕絹糸や羊毛を利用した抗菌性繊維素材や活性物質担持繊維素材を提供する。
塩縮野蚕絹糸や羊毛は、塩縮前の野蚕絹糸や羊毛と比べて、染色性が向上し、未塩縮時のかたさが軽減され、柔らかく、肌触りが良好となり、風合感が改善され、糸嵩が増してソフトタッチの風合い感となる。このため、得られた繊維製品等は、風合感が改善され、糸嵩が増してソフトタッチの感触となる。また、金属イオンを多く結合するので、抗菌性金属水溶液や廃液中の金属を吸着させるための繊維素材として有用である。
用途利用分野 塩縮天然繊維、抗菌性繊維素材、活性物質担持繊維素材
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 加藤 弘, 塚田 益裕, 新居 孝之, . 塩縮した天然繊維ならびにその製造方法. 特開2003-227064. 2003-08-15
  • D06M 11/11      
  • D06M 11/64      
  • D06M 11/67      
  • D06M101:12

PAGE TOP