TOP > 技術シーズ検索 > 高強度浸炭歯車およびその製造方法

高強度浸炭歯車およびその製造方法

シーズコード S100004001
掲載日 2010年12月6日
研究者
  • 井上 克己
  • 増山 知也
  • 佐藤 哲
技術名称 高強度浸炭歯車およびその製造方法
技術概要 この高強度浸炭歯車は、3次エルミート曲線で表現した刃先丸み部分を持つラックカッタで歯元曲線を創成してなる。3次エルミート曲線とは、その3次エルミート曲線の歯先面上の端点Aのピッチ方向中心線からのピッチ方向距離(am)を歯車のモジュール(m)で除した値(a)と、その3次エルミート曲線の歯面上の端点Bの基準ピッチ線からの歯タケ方向距離(bm)をモジュール(m)で除した値(b)とをパラメータ値としたものである。ここで、歯先面上の端点についてのパラメータ値(a)は0.0<a<0.330であり、歯面上の端点についてのパラメータ値(b)が0.844<b<1.053であれば、幾何学的な限界内で切り下げを生じずに十分なかみ合い長さを確保できる。歯元曲線はその刃先丸み形状に依存するため、圧力角、頂げきはISO標準に等しく、刃先丸み部分の歯先面上の端点である始点Aおよび歯面上の端点である終点Bの位置をそれぞれパラメータ(a)および(b)で与え、それらの二点間を3次エルミート曲線で補間することで、任意の歯元曲線形状を持つ歯車を実現する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-321526.gif
研究分野
  • 表面硬化熱処理
  • 歯車,歯車装置
展開可能なシーズ 歯元曲線形状の修正で応力集中を低減するとともに負荷能力向上を図った歯車を提供する。
3次エルミート曲線で表現した刃先丸み部分を持つラックカッタで歯元曲線を創成することから、歯元が太くなりかつその歯元面が歯面および歯底面に滑らかに繋がるので、浸炭歯車の歯元応力を低減できるとともに負荷容量を向上させることができる。
用途利用分野 浸炭歯車
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東北大学, . 井上 克己, 増山 知也, 佐藤 哲, . 高強度浸炭歯車およびその製造方法. 特開2005-088094. 2005-04-07
  • B23F   5/14     
  • F16H  55/08     

PAGE TOP