TOP > 技術シーズ検索 > 発振器アレイ及びその同期方法

発振器アレイ及びその同期方法

シーズコード S100004068
掲載日 2010年12月6日
研究者
  • 松本 紘
  • 篠原 真毅
技術名称 発振器アレイ及びその同期方法
技術概要 発振器アレイを同期するに際し、発振器1-1、1-2、…、1-nの各々から発せられた信号が、帯域阻止フィルタ3-1、3-2、…、3-nの阻止周波数において、帯域阻止フィルタ3-1、3-2、…、3-nで反射した信号と同相になる。すなわち、発振器1-1、1-2、…、1-nの各々から発せられた信号と反射した信号との位相差が0°になる。また、対応する帯域阻止フィルタ3-1、3-2、…、3-nから漏洩した信号と逆相になる。すなわち、発振器1-1、1-2、…、1-nの各々から発せられた信号と反射した信号との位相差が180°になる。これによって、発振器1-1、1-2、…、1-nの発振周波数を、発振器1-1、1-2、…、1-n固有の周波数と帯域阻止フィルタ3-1、3-2、…、3-nの阻止周波数との間の最適な周波数に均衡して安定した発振を行うとともに、阻止周波数を基準周波数として発振器1-1、1-2、…、1-nを同期させることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-014580.gif
研究分野
  • 発振回路
  • フィルタ一般
展開可能なシーズ 各発振器の発振周波数を安定化するとともに、複数の発振器を同期させることができる発振器アレイ及びその同期方法を提供する。
発振器の発振周波数を、発振器固有の周波数と帯域阻止フィルタの阻止周波数との間の最適な周波数に均衡して安定した発振を行うとともに、阻止周波数を基準周波数として発振器を同期させることができる。
用途利用分野 フェーズドアンテナアレイ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人京都大学, . 松本 紘, 篠原 真毅, . 発振器アレイ及びその同期方法. 特開2005-210401. 2005-08-04
  • H03L   7/00     
  • H03L   7/24     
  • H01P   1/203    
  • H01Q  21/06     

PAGE TOP