TOP > 技術シーズ検索 > プラスチック表面の改質方法、プラスチック表面のメッキ方法、プラスチック、プラスチック表面改質装置

プラスチック表面の改質方法、プラスチック表面のメッキ方法、プラスチック、プラスチック表面改質装置 新技術説明会

シーズコード S100004090
掲載日 2010年12月6日
研究者
  • 横谷 篤至
  • 黒澤 宏
技術名称 プラスチック表面の改質方法、プラスチック表面のメッキ方法、プラスチック、プラスチック表面改質装置 新技術説明会
技術概要 プラスチック表面改質装置U内で、気体状酸化剤の雰囲気中で波長172~126nmの真空紫外光を照射することにより、プラスチック表面の接着性を向上させることができるプラスチック表面の改質方法である。また、プラスチック表面に化学エッチング処理を行わずに真空紫外光を照射する。この場合、プラスチック表面改質装置Uは、試料Sが収容される試料収容室Aを有する。試料収容室Aには、内部の空気を真空排気する真空排気装置F1と、内部に気体状の酸化剤を供給する酸化剤供給装置F2とが接続されている。試料収容室Aの内部にはホルダ支持部材1が配置されており、ホルダ支持部材1の上面には試料ホルダ(プラスチック支持部材)Hが着脱可能に支持される。試料ホルダHの上部には試料(プラスチック)Sが着脱可能に支持されている。試料収容室Aの外壁には開口が形成されており、開口を外部連通状態とすることにより、試料収容室A内と外部との間で試料ホルダHおよび試料Sの交換作業を行う。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-098776.gif
研究分野
  • 高分子材料一般
  • 高分子の反応
展開可能なシーズ プラスチック表面の接着性を向上させる簡便な方法を提供する。
エッチング処理を行わないので、プラスチック内部の変質を起こさず、プラスチックの本質的特性(耐熱性、絶縁性、電気的特性等)を劣化させることなく、接着性を向上させることができ、さらに、接着性が高く、はがれにくい金属被膜を形成することができる。また、電子産業で多用されるフレキシブルプリント基板の作製や、耐熱性の高いプラスチック光学部品(高輝度ランプの軽量反射板)の作製にも使用できる。
用途利用分野 フレキシブルプリント基板、 高輝度ランプ用軽量反射板
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人宮崎大学, . 横谷 篤至, 黒澤 宏, . プラスチック表面の改質方法、プラスチック表面のメッキ方法およびプラスチック. 特開2006-274176. 2006-10-12
  • C08J   7/00     
  • C23C  18/30     
  • C08L  79/08     

PAGE TOP