TOP > 技術シーズ検索 > プロセスの状態類似事例検索方法および状態予測方法並びに記憶媒体

プロセスの状態類似事例検索方法および状態予測方法並びに記憶媒体

シーズコード S100004101
掲載日 2010年12月6日
研究者
  • 大貝 晴俊
  • 伊藤 雅浩
  • 松崎 眞六
  • 内田 健康
  • 犬島 浩
  • 松下 直樹
技術名称 プロセスの状態類似事例検索方法および状態予測方法並びに記憶媒体
技術概要 高炉プロセス10には、温度、圧力、成分、位置等を計測する各種のセンサが複数設置されており、高炉プロセス10の計測・制御装置20は、高炉プロセス10から計測した各種のプロセス情報の時系列データをプロセスの操業オペレータに提示し、必要に応じてオペレータの介在のもとにプロセスの制御操作を行っている。計測した各種のプロセスデータは、一定時刻毎にプロセス時系列データベース30に格納され、独立成分分析部35において、独立成分分析により多数のプロセス変数を少数の独立成分に集約する。検索用テーブル作成部40では、類似事例検索に用いる検索用テーブル50をプロセス時系列データベース30からのプロセス変数に対して行われる独立成分分析により作成する。類似事例検索部60では、検索用テーブル50を用いて類似事例の検索を行う。現在時刻のプロセス状態と類似時点を検索するために、現在時刻のプロセスデータを、プロセスの計測・制御装置20から取り込み、類似事例を検索して、その検索結果を類似事例表示部70に表示する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-367716.gif
研究分野
  • 検索技術
展開可能なシーズ 高炉等のプロセスの操業中に、その操業状態と類似の過去事例を検索する手法、プロセスの将来状態を予測する手法、並びにその処理手法をコンピュータに実行させるためのプログラムが記録してあるコンピュータ読み取り可能な記憶媒体に関し、複雑、非線形、かつ非定常なプロセスの過去事例を高速、高精度に検索して、将来予測を的確に行うことを可能にするとともに、更新の不要なオンライン予測を行い得るようにする。
検索用テーブルを作成、使用することにより、プロセスの現在状態に類似な事象を検索するだけでなく、プロセス時系列データベースの特定時点に類似した事象を検索することも容易に実行でき、また、検索用テーブルを更新、追記することも可能である。
用途利用分野 高炉、コンピュータ、記憶媒体
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 新日本製鐵(株), 早稲田大学, . 大貝 晴俊, 伊藤 雅浩, 松崎 眞六, 内田 健康, 犬島 浩, 松下 直樹, . プロセスの状態類似事例検索方法および状態予測方法並びに記憶媒体. 特開2005-135010. 2005-05-26
  • G06F  17/30     

PAGE TOP