TOP > 技術シーズ検索 > 自己書換え処理追加プログラム、自己書換え処理追加装置及び自己書換え処理追加方法

自己書換え処理追加プログラム、自己書換え処理追加装置及び自己書換え処理追加方法

シーズコード S100004123
掲載日 2010年12月6日
研究者
  • 門田 暁人
  • 神崎 雄一郎
技術名称 自己書換え処理追加プログラム、自己書換え処理追加装置及び自己書換え処理追加方法
技術概要 自己書換え処理追加装置は入力装置1、ROM2、CPU3、RAM4、外部記憶装置5、表示装置6及び記録媒体駆動装置7を備え、各ブロックは内部のバスに接続され、このバスを介し各種データが各ブロック間で入出力され、CPU3の制御の下、各種処理が実行される。システムプログラム等はROM2に、自己書換え処理追加プログラムは外部記憶装置5に記憶される。自己書換え処理追加プログラムは、保護対象プログラムを構成する複数の命令コードのうちいずれか1カ所の命令コードを決定する命令コード決定手段、決定された命令コードに対応する偽の命令コードを決定し、もとの命令コードを偽装する命令コード偽装手段、偽の命令コードを元の正しい命令コードに戻す第1のルーチン生成手段とそれを再度偽装する第2のルーチン生成手段をもち、自己書換えプログラム生成手段としてコンピュータを機能させる。この自己書換え処理プログラムを実行すると、命令コード決定手段によって決定された命令コードが正と偽の間を移り変わるので、保護対象プログラムの解析及び改ざんを困難にすることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-355881.gif
研究分野
  • データ保護
展開可能なシーズ 保護対象プログラムを解析及び改ざんが困難な自己書換えプログラムとして生成する自己書換え処理追加プログラム、自己書換え処理追加装置及び自己書換え処理追加方法を提供する。
この自己書換え処理プログラムを実行すると、正しい命令コードは、実行前後の所定の期間のみプログラム上に書き込まれ、それ以外の期間は偽の命令コードによって偽装された状態となるので、保護対象プログラムの解析及び改ざんを困難にすることができる。
用途利用分野 自己書換え処理追加装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学, . 門田 暁人, 神崎 雄一郎, . 自己書換え処理追加プログラム、自己書換え処理追加装置及び自己書換え処理追加方法. 特開2004-192068. 2004-07-08
  • G06F  21/22     

PAGE TOP