TOP > 技術シーズ検索 > 経路探索システム、サーバ、携帯端末、経路探索装置、経路探索プログラム

経路探索システム、サーバ、携帯端末、経路探索装置、経路探索プログラム

シーズコード S100004128
掲載日 2010年12月6日
研究者
  • 柴田 直樹
  • 丸山 敦史
  • 村田 佳洋
  • 安本 慶一
  • 伊藤 実
技術名称 経路探索システム、サーバ、携帯端末、経路探索装置、経路探索プログラム
技術概要 この経路探索システムは、ユーザが携帯する携帯端末1、およびこれと通信ネットワーク3を介して接続されたサーバ2とから構成されている。携帯端末1は、GPSユニットが搭載されたPDA又は携帯電話から構成されており、自転車に乗って観光を行なうユーザによって携帯されることを想定している。サーバ2は、通信機能を備えるコンピュータから構成され、通信ネットワーク3としては、インターネットまたは本経路探索システムを提供するサービス会社が構築した専用の通信回線を用いる。ユーザは訪問を希望する複数の目的地点と、そのうち、少なくとも1つの目的地点に対する時間的制約及び希望の度合いを5段階の数値(プリファレンス値)として入力する。サーバ2は、CPU(中央処理装置)、RAM(ランダムアクセスメモリ)、ROM(リードオンリーメモリ)、ハードディスク、記録媒体駆動装置、通信ボード等から構成され、経路探索部21、地図データ記憶部22、通信部23及び観光地点記憶部24を備える。サーバは、携帯端末1からの入力データとGPSデータに基き、複数の経路のうちから最適経路を探索し、地図に重ね合わせて携帯端末1の表示部に表示する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-403344.gif
研究分野
  • 電装品
  • 電子航法一般
展開可能なシーズ 複数の目的地点を効率よく訪問する経路を探索するため、時間的制約を満たすような最適経路を探索することができる経路探索システム、サーバ、携帯端末、経路探索装置、経路探索プログラム、経路探索方法を提供する。
出発地点及び出発時刻、訪問を希望する複数の目的地点及びいずれかの目的地点に対する到着希望時刻及び希望滞在時間を含む時間的制約を入力することにより、各目的地点間の経路が特定され、時間的制約を満たす経路が提示される。
用途利用分野 カーナビゲーションシステム、地図データ、パーソナルナビゲーションシステム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人奈良先端科学技術大学院大学, . 柴田 直樹, 丸山 敦史, 村田 佳洋, 安本 慶一, 伊藤 実, . 経路探索システム、サーバ、携帯端末、経路探索装置、経路探索プログラム. 特開2005-164384. 2005-06-23
  • G01C  21/00     
  • G08G   1/005    
  • G08G   1/137    
  • G09B  29/00     
  • G09B  29/10     

PAGE TOP