TOP > 技術シーズ検索 > コミュニケーションロボット

コミュニケーションロボット

シーズコード S100004152
掲載日 2010年12月6日
研究者
  • 久野 義徳
技術名称 コミュニケーションロボット
技術概要 第1の対象者301と対面してコミュニケーションを行い、第2の対象者40と通信手段を介してコミュニケーションを行うコミュニケーションロボット10であって、自律的に動作を行う第1のモードと、第2の対象者40から指示された動作を行う第2のモードと、第2の対象者40の動作を反映する動作を行い、第1の対象者301と第2の対象者40とのコミュニケーションを媒介する第3のモードとを実行する。このロボット10は、対面する人301に対して円滑なコミュニケーションを行うことができ、また、通信手段を介して接触する人40との円滑なコミュニケーションが可能であり、さらに、対面する人301と通信手段を介して接触する人40との間の円滑なコミュニケーションを取り持つことができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-042780.gif
研究分野
  • 産業用ロボット
  • ロボットの設計・製造・構造要素
展開可能なシーズ 円滑なコミュニケーションを実現することができるコミュニケーションロボットを提供する。
対面する人に対して円滑なコミュニケーションを行うことができ、また、通信手段を介して接触する人との円滑なコミュニケーションが可能であり、さらに、対面する人と通信手段を介して接触する人との間の円滑なコミュニケーションを取り持つことができる。
用途利用分野 コミユニケ-シヨンロボツト
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人埼玉大学, . 久野 義徳, . コミュニケーションロボット. 特開2007-216363. 2007-08-30
  • B25J  13/08     
  • B25J   5/00     

PAGE TOP