TOP > 技術シーズ検索 > 画像処理装置、画像処理方法、及びプログラム

画像処理装置、画像処理方法、及びプログラム

シーズコード S100004165
掲載日 2010年12月6日
研究者
  • 中山 茂
  • 小野 智司
  • 村田 晋之介
技術名称 画像処理装置、画像処理方法、及びプログラム
技術概要 画像処理装置10は、画像入力部11、ウェーブレット変換部12、透かし情報入力部13、透かし情報埋め込み部14、画像再構成部15、及び画像出力部16を有する。画像入力部11は、透かし情報の埋め込み先画像である原画像を入力する。画像入力部11より入力された原画像は、ウェーブレット変換部12に供給される。ウェーブレット変換部12は、供給される原画像に周波数解析の1つであるウェーブレット変換を施す。透かし情報入力部13は、原画像に埋め込む透かし情報を入力する。透かし情報は2次元バーコードであり、入力された透かし情報は、透かし情報埋め込み部14に供給される。透かし情報埋め込み部14は、ウェーブレット変換部12においてウェーブレット変換を原画像に施して得られた各周波数成分のうち特定の周波数成分のみに、透かし情報入力部13から供給される透かし情報を埋め込む。画像再構成部15は、ウェーブレット変換部12及び透かし情報埋め込み部14から出力される各周波数成分を用いて、逆変換(逆ウェーブレット変換)を行い、画像を再構成する。画像出力部16は、再構成された透かし情報入り画像を出力する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-095472.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
  • データ保護
  • パターン認識
展開可能なシーズ 観察者の目につきにくいように、デジタルコンテンツに対して透かし情報を埋め込むことができる画像処理装置、画像処理方法、及びプログラムを提供する。
原画像にウェーブレット変換を施し各周波数成分に帯域分割して、元データに影響が及ばないよう高周波成分のみに透かし情報としての2次元バーコードを埋め込むので、透かし情報が目立たなくなる。
用途利用分野 デジタルコンテンツ、画像、音楽、著作権保護、電子透かし
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人鹿児島大学, . 中山 茂, 小野 智司, 村田 晋之介, . 画像処理装置、画像処理方法、及びプログラム. 特開2006-279521. 2006-10-12
  • H04N   1/387    
  • G06T   1/00     

PAGE TOP