TOP > 技術シーズ検索 > 金属イオンを用いた園芸作物の花の色改変法

金属イオンを用いた園芸作物の花の色改変法

シーズコード S100004167
掲載日 2010年12月6日
研究者
  • 渡部 由香
技術名称 金属イオンを用いた園芸作物の花の色改変法
技術概要 タングステン化合物又はモリブデン化合物の金属化合物を含む溶液又は懸濁液を、開花前の植物の葉面に散布して、アントシアニン系色素を含む植物に青色の花を咲かせるか又はアントシアニン系色素を含む植物の花をより青色に変える方法である。モリブデン化合物は、モリブデン酸アンモニウム、モリブデン酸ナトリウム、モリブデン酸カリウム、又はモリブデン酸リチウムである。モリブデン化合物を含む、アントシアニン系色素を含む花を青色に変える葉面散布用花卉変色剤を、散布濃度を、0.1~10mMとして、3日ごとに1ないし10回散布する。
研究分野
  • 花き・花木
  • 重金属とその化合物一般
展開可能なシーズ アントシアニン系色素を含有する植物であって、通常は、橙色、ピンク色、赤色、赤紫色等の花を咲かせる健全な植物に、水耕栽培装置などを必要とせず、根をいためることなく、青色の花を咲かせる栽培方法を提供する。
根に施肥する従来法と異なり、根を傷めることなく、健全な植物で、色だけが青色に変色した花とすることにより、観賞植物の価値をいっそう向上できる。簡便にモリブデン化合物処理をすることができるようになるので、花卉青色化が容易となり、より広範な場面で、モリブンデン化合物処理により花卉類の青色化ができるようになる。耕栽培装置などの設備投資を必要としない。
用途利用分野 葉面散布用花卉変色剤、葉面散布用花卉青色化剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 鹿児島大学, . 渡部 由香, . 金属イオンを用いた園芸作物の花の色改変法. 特開2007-143506. 2007-06-14
  • A01G   7/00     
  • A01G   7/06     

PAGE TOP