TOP > 技術シーズ検索 > 活性炭、その製造方法、及び電気二重層キャパシタ用分極性電極

活性炭、その製造方法、及び電気二重層キャパシタ用分極性電極

シーズコード S100004291
掲載日 2010年12月7日
研究者
  • 岡島 敬一
  • 須藤 雅夫
  • 太田 定孝
技術名称 活性炭、その製造方法、及び電気二重層キャパシタ用分極性電極
技術概要 この活性炭は、活性炭材料を含炭酸ガス低温プラズマ処理または含ホウ酸水蒸気低温プラズマ処理してなる活性炭であり、活性炭材料が炭素質材料を炭化し賦活して得られた活性炭材料からなることが好ましい。活性炭は、活性炭材料を含炭酸ガス低温プラズマ処理または含ホウ酸水蒸気低温プラズマ処理することによって得られる。得られた活性炭を含む組成物を成形して、電気二重層キャパシタ用分極性電極として用いる。活性炭は、活性炭材料を炭酸ガス又はホウ酸水蒸気存在下での低温プラズマ処理によって得られたもので、活性炭材料は、炭素質材料を炭化、賦活して得られるものが望ましく、炭素質材料としては、果実殻、果実種等の植物系、石炭、石油ピッチ、石炭ピッチ等のピッチ、石油タール等のタール、セルロース系繊維、合成ポリマー等の公知の材料が用いられ、これらの炭素質材料を炭化、賦活することによって活性炭材料が得られる。得られる活性炭のBET比表面積は1500m/g以上3300m/g以下、より好ましくは2000m/g以上3300m/g以下の範囲であることが望ましい。
研究分野
  • 静電機器
  • 電解装置
  • 炭素とその化合物
展開可能なシーズ 高充放電電流における静電容量が高い電気化学キャパシタ用分極性電極と、この電極用材料として好適な活性炭およびその製造方法を提供する。
50mA/平方センチメートル以上、好ましくは100mA/平方センチメートル以上の高充放電電流における静電容量を高くすることができる。
用途利用分野 ハイブリッド自動車、燃料電池自動車、補助電源、通電加熱触媒(EHC)電源
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人静岡大学, . 岡島 敬一, 須藤 雅夫, 太田 定孝, . 活性炭、その製造方法、及び電気二重層キャパシタ用分極性電極. 特開2006-229069. 2006-08-31
  • H01G   9/058    
  • C01B  31/10     

PAGE TOP