TOP > 技術シーズ検索 > 動物細胞の高密度培養法及びその装置

動物細胞の高密度培養法及びその装置

シーズコード S012000032
掲載日 2002年1月29日
研究者
  • 大島 宣雄
研究者所属機関
  • 筑波大学
研究機関
  • 筑波大学
技術名称 動物細胞の高密度培養法及びその装置
技術概要 本技術は動物細胞の高密度培養法及びその装置に関するものであり、動物細胞を多孔質担体に固定化し、これを培地中に浸漬して培養するにあたり、培地の酸素濃度を、204~969μMに制御し、培地を5.4~10.8cm/分の線速度で流動させることを特徴とする動物細胞の高密度培養法および、動物細胞が固定化される多孔質担体と、動物細胞が浸漬される培地に酸素を導入する酸素加器を備える動物細胞の高密度培養装置である。本技術により、培養性能を従来の4倍以上に改善できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S012000032_01SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 微孔性の立体網状多孔質構造を有する粒子状の担体に肝細胞等の動物細胞を高密度に固定化し、この固定化物を充填した充填層型培養装置は、有用物質を生産させるバイオリアクターや人工肝臓として応用が期待できるものであるが、人工的な培養条件では急激に活性低下を起こすことが問題になっていた。また、本技術の発明者らはPVFへの固定化細胞技術を報告してきたが、さらに代謝能、活性能を落とさない装置が望まれていた。
研究分野
  • 細胞・組織培養法
  • 生体代行装置
展開可能なシーズ (1)動物細胞を多孔質担体に固定化し、酸素を付加して培養する高密度培養装置
(2)固定化細胞を用いた長期細胞機能維持装置
用途利用分野 人工肝臓
バイオリアクター
細胞機能維持装置
関連発表論文 (1)三好浩稔, 江橋具, 依馬秀夫, 中内啓光, 大島宣雄. 多孔質樹脂を担体とする胎仔肝臓細胞の長期培養. 化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集. vol.32,1999,p.651.
(2)TUN T, 三好浩稔, 依馬秀夫, 中内啓光, 大島宣雄. 多孔質樹脂を担体としたマウス骨髄細胞の高密度培養に関する検討. バイオエンジニアリング学術講演会講演論文集. vol.11,1999,p.248‐249.
(3)三好浩稔, 江橋具, 依馬秀夫, HSU H C, 中内啓光, 大島宣雄. 多孔質樹脂を担体とする胎仔肝細胞の培養. バイオエンジニアリング学術講演会講演論文集. vol.11,1999,p.246‐247.
(4)柳健一, 古川克子, 大島宣雄, 三好浩稔. 充填層型リアクターによる肝細胞の連続培養. 人工臓器. vol.22,no.1,1993,p.147‐152.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人筑波大学, . 大島 宣雄, 柳 健一, . 動物細胞の高密度培養法及びその装置. 特開平11-225751. 1999-08-24
  • C12N   5/06     
  • C12M   3/00     
  • C12N  11/08     

PAGE TOP