TOP > 技術シーズ検索 > 排水暗渠の形成方法及び装置

排水暗渠の形成方法及び装置

シーズコード S100004386
掲載日 2010年12月7日
研究者
  • 小野寺 恒雄
  • 藤森 新作
技術名称 排水暗渠の形成方法及び装置
技術概要 排水暗渠形成装置11は、通水パイプ埋設溝のブレード部(掘削部)16と、ブレード部で形成した通水パイプ埋設溝の底部に向けて通水パイプ56を送り出す通水パイプガイド部18と、通水パイプガイド部から溝底部に送り出された通水パイプの上部に疎水材を投入する疎水材投入部14と、を備える。排水暗渠を形成方法は、通水パイプ埋設溝の溝幅以下の溝幅を有するガイド溝71を排水暗渠形成予定位置にあらかじめ形成した後、排水暗渠形成装置を使用して排水暗渠を形成する。好ましくは、ガイド溝は、バックホーの作業アームの先端に基端部を装着した、例えば金属板の先端を先鋭化した、ガイド溝形成用のブレード72を地中に挿入し、作業アームを操作してブレードを移動させることにより形成する。これにより、掘削形成を石に邪魔されずに容易に行える。また疎水材投入部及び疎水材投入口15の幅は、通水パイプの外径よりも小さく形成される。これにより、籾殻等の疎水材の使用量を削減することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-178616_1.gif thum_2004-178616_2.gif thum_2004-178616_3.gif
研究分野
  • 農業土木
展開可能なシーズ 地中に石が多く存在している場合でも、石を地表面に浮き上がらせることなく、効率よく排水暗渠を形成することができ、更に、通水性能等を損なうことなく疎水材の使用量を削減することもできる排水暗渠の形成方法及び装置を提供する。
排水暗渠形成予定位置の土中に含まれる石を、ガイド溝を形成するときにガイド溝の左右いずれかに移動させておくことができ、ガイド溝に続く通水パイプ埋設溝の掘削形成を石に邪魔されずに容易に行える。
用途利用分野 排水暗渠形成装置、ガイド溝形成用ブレード
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, 株式会社パデイ研究所, . 小野寺 恒雄, 藤森 新作, . 排水暗渠の形成方法. 特開2006-002400. 2006-01-05
  • E02B  11/02     

PAGE TOP